トップ > エンタメ > スターニュース > 「第3共和国」などの元老俳優イ・イルンさんが死去 享年80歳

「第3共和国」などの元老俳優イ・イルンさんが死去 享年80歳


  • 「第3共和国」などの元老俳優イ・イルンさんが死去 享年80歳
  • KBS2TV

元老俳優イ・イルンさんが胆道がんの闘病中に亡くなった。享年80歳。

11日、遺族によるとイ・イルンさんは去る1月、胆道がんの判定を受けて4カ月間闘病してきたが、前日の午後9時22分頃にこの世を去った。

慶尚北道・義城(ウィソン)出身の故人は1964年、KBS公開採用タレント4期としてデビューし、1968年のイ・ソング監督の『将軍のひげ』など映画とドラマを行き来して旺盛な活動を続けた。

連続ドラマ『ミスター・リ 興奮する』(1970)で初主演を務め、故キム・ジャオクさんをスターにしたドラマ『沈清伝』(1971)では盲人の父親役で印象深い演技を繰り広げた。

特に様々な反共ドラマに出演し、「北朝鮮軍専門俳優」として視聴者に親しまれた。『ヨーロッパ特急』(1976)には北派工作員だったクァクテギの仲間として熱演し、『戦友』(1983)、『今、平壌では』(1982~1985)など反共ドラマで主に北朝鮮の将校役を演じた。

強い咸鏡道(ハムギョンド)の方言を味わい深く演じた。

1990年代にはMBC『第3共和国』(1993)、『第4共和国』(1995)、『第5共和国』(2005)などに出演し、SBS『野人時代』(2003)、『土地』(2004) 、KBS 『太祖王建』(2000)、『大祚榮』(2006)など時代劇で旺盛に活躍した。

故人は10年以上前から教会を訪ねて聖劇モノドラマ公演を行い、韓国小児がん財団の広報理事を務めてきた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-11 10:59:36