トップ > エンタメ > スターニュース > ナムグン・ミンからキム・ジウンまでSBS新ドラマ「1000ウォン札の弁護士」キャスト確定

ナムグン・ミンからキム・ジウンまでSBS新ドラマ「1000ウォン札の弁護士」キャスト確定


  • ナムグン・ミンからキム・ジウンまでSBS新ドラマ「1000ウォン札の弁護士」キャスト確定
  • 各所属事務所

『1000ウォン札の弁護士』にナムグン・ミン、キム・ジウン、チェ・デフン、イ・ドックァ、パク・ジヌが出演を確定した。

2022年の放送を目指すSBSの金土ドラマ『1000ウォン札の弁護士』がナムグン・ミン、キム・ジウン、チェ・デフン、イ・ドックァ、パク・ジヌという主演ラインナップを公開した。『1000ウォン札の弁護士』は最高の実力を持つ「1000ウォンの弁護士」チョン・ジフンがお金で法の網をすり抜ける者たちとギャラの高い弁護士たちと対戦する痛快な法廷活劇だ。演技力と興行を保証するナムグン・ミンが『ストーブリーグ』シンドローム以来、SBSで2年ぶりに披露する新作として期待を集めている。

ナムグン・ミンは劇中、1000ウォン一枚で会えるコスパ最強の法廷ヒーロー「チョン・ジフン」役を引き受けた。

チョン・ジフンはスタイリッシュなパーマヘアにロンドンの裏路地で遭遇しそうな強烈な印象を持つ法曹界の異端児。ドラマ『ストーブリーグ』、『キム課長とソ理事 ~Bravo! Your Life~』、『黒い太陽』、『ドクター・プリズナー』などを通じて視聴者たちの全面的な支持を得て、彼自体で一つのジャンルを作り上げた俳優ナムグン・ミンが披露する「ナムグン・ミン印の法廷活劇」に注目が集まる。また、ナムグン・ミンが「2020 SBS演技大賞」で大賞を受賞した後、2年ぶりにSBSに戻ってきただけに再びの大ヒットを期待させる。

キム・ジウンは法曹界のロイヤルファミリー出身で、スペックは華やかで未来は輝いている司法研修院最後の期数である検事試補「ペク・マリ」役を演じ、ナムグン・ミンと呼吸を合わせる。劇中、自信満々で自尊心が高かったペク・マリはチョン・ジフンと出会いながら順調だった人生に急ブレーキがかかる。ドラマ『アゲイン・マイライフ』、『黒い太陽』でしっかりとした演技とインパクトの強い活躍を披露したキム・ジウンが『1000ウォン札の弁護士』を通じてさらなる活躍を予告する。

チェ・デフンは江南キッド、親ガチャ勝者、インナーサークル、自分が享受しているものが堅固であることを望む法曹界ロイヤルファミリー出身の検事「ソ・ミンヒョク」役を引き受けた。2年間の米国ブルックリン地方検察庁研修を終えて帰国したソ・ミンヒョクの次の人生目標はペク・マリとの婚姻を通じてローファーム「ペク」を「ペク&ソ」に変えること。ドラマ『愛の不時着』、『悪の花』、『モンスター~その愛と復讐~』などでスペクトルの広いキャラクター消火力と視聴者たちの脳裏に焼き付く演技を披露してきたチェ・デフンの印象的な活躍が期待される。

イ・ドックァは劇中、白髪の紳士であり大型のローファーム「ペク」を設立した代表弁護士「ペク・ヒョンム」役を引き受けた。ペク・ヒョンムは「弁護は心臓でするもの」という信念を持っている人物で、ローファーム「ペク」にエリート弁護士たちが溢れているにも関わらずチョン・ジフンを欲しがる。孫娘のペク・マリをチョン・ジフンのもとに送る張本人でもある。イ・ドックァは最近『赤い袖先』、『社内お見合い』などで独特なオーラを漂わせて活躍しており、『1000ウォン札の弁護士』の合流に期待感が高まる。

パク・ジヌは劇中、チョン・ジフンと出会い、自分のお金を使って自分の車を運転しながらチョン・ジフンを支える法律事務所の「サ・ムジャン」役を引き受けた。事務長が天職である彼は、チョン・ジフンと呼吸がぴったり合うコンビ。ドラマ『秘密の森』、『品位のある彼女』、『アルハンブラの宮殿』、『軍検事ドーベルマン』、映画『インサイダーズ/内部者たち』、『トンネル 闇に鎖された男』、『コンフィデンシャル/共助』などで熱演を繰り広げた彼が『1000ウォン札の弁護士』に活力を加える予定だ。さらに、すでに『ストーブリーグ』を通じてナムグン・ミンとの演技の呼吸を認められたパク・ジヌがチョン・ジフンを補佐する事務長役を引き受けて、シャーロックとワトソンのようなケミを予告する。

一方、『1000ウォン札の弁護士』は2022年に放送される。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-12 09:11:46