トップ > エンタメ > スターニュース > 元JEWELRYのチョ・ミナ、家庭内暴力暗示コメントに続いて「守ってあげるママが」

元JEWELRYのチョ・ミナ、家庭内暴力暗示コメントに続いて「守ってあげるママが」


  • 元JEWELRYのチョ・ミナ、家庭内暴力暗示コメントに続いて「守ってあげるママが」
  • チョ・ミナSNS

元JEWELRYのチョ・ミナが家庭内暴力のシグナルと思われるコメントに続き、息子へ意味深な誓いを明らかにして注目を集めた。

チョ・ミナは17日の明け方、自身のブログに息子のガンホくんと散歩する姿をおさめた写真を投稿した。

チョ・ミナは投稿で「ガンホ王子様と一緒に出掛けるベビーカー散歩デート。道端に咲いた小さな花、草の葉も見逃さずに見せてあげる。まだ咲かない花から華やかに咲いた花まで一つ一つ挨拶する」と息子と一緒に散歩をしたことを伝えた。

チョ・ミナは「ベビーカーで散歩をしながら風の音を聞く私のガンホが本当に大切で可愛らしい。見ても見てもどうしてこんなに可愛くて大切で愛おしいのか。ママはガンホを守らないといけないから、これまですべてを耐え抜いてきた。大切な私のガンホ」と切ない気持ちを伝えた。

チョ・ミナは続けて「あなたに会えてママになり、こうしてママとしての人生を生きている。愛してる。私のガンホとママ。これからは幸せにだけなろう。ぐっと抑えて我慢してきたものをすべて治療して愛する私の赤ちゃんと一生幸せになる、ママ。愛してる。世界で一番愛してる。守ってあげる、ママが」と息子への愛情を表現した。

チョ・ミナは前日にはインスタグラムを通じて家庭内暴力を暗示するようなコメントを残している。コメントでチョ・ミナは「ガンホが静かに眠っている間に毎日のように繰り返された息苦しさの末、ママは床に投げ落とされて過呼吸性のショックで気を失い、119が来て警察が来た」とし「ガンホに会ってから昨日初めて過呼吸が来た」とコメントした。

チョ・ミンアは「ガンホが目を覚ましているときにはママがガンホの前で明るく笑っていたよね。いつも」とし「体が痛くても心が痛くてもどんなことにも明るいエネルギーでファイティンいっぱいにガンホのそばにいる。ママだから」と締めくくりつつも、ハッシュタグで「ママは保護されたい」と付け加えてファンを心配させた。

さらに知人と思われるあるネットユーザーが「後で電話するね」と心配するコメントを残すと「昨日も寝室のドアを足で蹴って壊し、首を掴んで床に投げて私は転げて、119の前では心肺蘇生をあらかじめしながら去るとまた暴言を吐いて。毎日が地獄みたい。助けて」と訴えた。

ネットユーザーたちは「赤ちゃんのことを考えて気丈に対処しないと」「そこから抜け出してガンホと幸せになって」「後で警察に通報した記録が助けになるからどうか何度かは警察を呼んで」「家に監視カメラをつけるべき」という反応を見せた。

チョ・ミナはフィットネスセンターを運営する6歳年上のCEOと昨年2月に結婚式を挙げた。その年の6月に第1子の息子ガンホくんが誕生している。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-17 07:41:24