トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ドラマ「明日」でBTSメンバーの名前と誕生日を使用 よりによって亡者名簿

ドラマ「明日」でBTSメンバーの名前と誕生日を使用 よりによって亡者名簿


  • ドラマ「明日」でBTSメンバーの名前と誕生日を使用 よりによって亡者名簿
  • MBC放送画面キャプチャ

ドラマ『明日』で亡者名簿に防弾少年団メンバーVとジョングクの名前と生年月日が使用され、批判の声が上がっている。

最近、SNSとオンラインコミュニティなどには先月22日に放送されたMBCの金土ドラマ『明日』の中の一場面をめぐって批判する意見があがっている。

劇中、デジタルで管理されていた冥途の亡者名簿がウイルスにより使用できなくなり、手記でリストを作成する場面が描かれた。この過程で公開されたリストには防弾少年団(BTS)メンバーVの本名キム・テヒョンの名前とジョングクの生年月日が書かれており、注目を集めた。

名簿にはキム・テヒョンが1971年12年31日に他殺、キム・ユリムが1997年9月1日に他殺と書かれている。Vは生まれた年が違うだけで名前と誕生日が一致し、ジョングクは名前は書かれていなかったが生年月日が一致する。

これにネットユーザーたちは「いくらフィクションでも死者名簿に載せるなんて」、「亡者はちょっと」、「しかも他殺だなんて度を越えている」、「ファンとして気分が悪い」、「この場面は削除するべき」などの反応を見せている

これと関連して『明日』の公式ページの視聴者掲示板にも場面削除と公式謝罪をはじめ、関係者の釈明などを要求する抗議文が50個以上書き込前れるなど批判が続いている。

『明日』は死にたい人々を導いて生かす、冥途の使いの話を描く。毎週金土午後9時55分に韓国で放送される。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-17 10:21:10