トップ > エンタメ > 「ドクター弁護士」シン・ソンロク、キャラクターに魅了され出演を決心

「ドクター弁護士」シン・ソンロク、キャラクターに魅了され出演を決心


  • 「ドクター弁護士」シン・ソンロク、キャラクターに魅了され出演を決心
  • MBC

俳優シン・ソンロクが『ドクター弁護士』で圧倒的な存在感を放つ。

6月3日に初放送されるMBCの新金土ドラマ『ドクター弁護士』(脚本チャン・ホンチョル、演出イ・ヨンソク)は仕組まれた手術によりすべてを奪われ弁護士になった天才外科医と医療犯罪専門担当部検事のメディカルサスペンス法廷ドラマだ。医学ドラマと法廷ドラマの出会いを通じて強力な緊張感を与えるものと期待されている。

『ドクター弁護士』はソ・ジソブ(ハン・イハン役)、シン・ソンロク(ジェイドン・リー役)、イム・スヒャン(クム・ソギョン役)の3人の「信じて見る」主演俳優キャスティングで話題を集めた。その中でもシン・ソンロクは多くのことがベールに包まれ、そのためよりに目を引く致命的なキャラクターのジェイドン・リー役を演じ、ドラマの中ではキープレーヤーの役割を果たす見通しだ。ここで『ドクター弁護士』で視聴者と出会う準備をしている最強俳優シン・ソンロクに話しを聞いてみる。

ドラマやミュージカル、芸能など多様な分野で縦横無尽に活躍し大きな愛を受ける俳優シン・ソンロクが『ドクター弁護士』出演を決めた理由は何だろうか。これに対してシン・ソンロクは「2021年の一年はミュージカルに多く出演したので、2022年には必ずドラマで視聴者の皆さんにお会いしたかった。なので惹かれるキャラクターがいれば、無条件演じたいと思っていた。そんな中で『ドクター弁護士』ジェイドン・リー役を提案され台本を読み、ジェイドン・リーというキャラクターの魅力に魅了され出演を決心した」と明らかにした。

シン・ソンロクが扮するジェイドン・リーはドラマの中でロビーと投資を専門とする企業「オーナーズハンド」のアジア支部長で、成功とスリルのためなら危険にも喜んで身を投じる、手なずけられない心臓に熱い血が流れる人物だ。では、ジェイドン・リーのどんな魅力がシン・ソンロクを魅了したのだろうか。

シン・ソンロクは自身が演技したジェイドン・リーに対して「考えと行動を推測しにくくベールに包まれ権力が強い人物だ。好奇心を誘発する非常に立体的なキャラクターだと思う」と説明した。 続けて「これ以上はジェイドン・リーを紹介すること自体がネタバレだと思われるほど非常にベールに包まれた人物」と付け加え『ドクター弁護士』を待つ視聴者の好奇心を掻き立てた。

どんな作品でも最高の存在感を見せてくれる俳優シン・ソンロクだ。彼がためらうことなく出演を決心するほどジェイドン・リーは魅力的で特別なキャラクターだ。ただ、現在はジェイドン・リーのキャラクターは徹底的にベールに包まれている。そのためさらに好奇心を刺激され、この秘密のキャラクターをシン・ソンロクがどのように描くかが期待される。

一方、MBCの新金土ドラマ『ドクター弁護士』は6月3日午後9時50分に初放送される。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-17 11:14:17