トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団「Dynamite」、日本音楽著作権協会から「外国作品賞」を受賞

防弾少年団「Dynamite」、日本音楽著作権協会から「外国作品賞」を受賞


  • 防弾少年団「Dynamite」、日本音楽著作権協会から「外国作品賞」を受賞
  • Big Hit Music

グループ防弾少年団の「Dynamite」が日本音楽著作権協会(JASRAC)から「外国作品賞」を受賞した。

18日、JASRACが発表した「2022年(第40回)JASRAC賞」によると防弾少年団が2020年8月21日に発表したデジタルシングル「Dynamite」が「外国作品賞」の受賞作に選ばれた。

JASRACは毎年、前年度の著作物使用料分配額に応じて金賞、銀賞、銅賞、国際賞、外国作品賞を選定している。

ディスコポップジャンルの「Dynamite」は全世界に向けた防弾少年団の希望的なメッセージが込められた曲だ。防弾少年団は「Dynamite」で米国ビルボードメインシングルチャート「HOT100」1位を占め、「第63回グラミー賞」で韓国大衆音楽歌手として初めて「最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス賞」部門の受賞候補に上がり大衆音楽の新たな歴史を作った。

「グローバルメガヒットソング」と評価された「Dynamite」はビルボードジャパン基準累積再生数6億回突破をはじめ、2022年1月基準で累積再生数5億回を越え日本レコード協会から史上最速でダイヤモンド認証を獲得した。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-18 16:52:07