トップ > エンタメ > スターニュース > イ・スンジェ、飲酒運転のキム・セロンに厳しい忠告「社会的影響考え謹慎するべき」

イ・スンジェ、飲酒運転のキム・セロンに厳しい忠告「社会的影響考え謹慎するべき」


  • イ・スンジェ、飲酒運転のキム・セロンに厳しい忠告「社会的影響考え謹慎するべき」
  • スタートゥデイDB

ベテラン俳優のイ・スンジェ(87)が後輩のキム・セロン(21)の飲酒運転事故について厳しく忠告した。

イ・スンジェは去る19日、ソウル市龍山区(ヨンサング)にあるCGV龍山アイパークモールで行われた映画『アンニョンハセヨ』のインタビューで、前日の朝に飲酒運転事故を起こして物議を醸したキム・セロンについてニュースで見たいと言及した。

イ・スンジェは「若い子たちに頼みたいことがある」と口を開いた後、「また(飲酒)交通事故の記事が出た。絶対にそうしてはいけない。芸術家は自由奔放だから自分勝手にしてもいいと考えるかもしれないが、そうではない」と指摘した。

イ・スンジェは「しばしば芸能人に対して公人ではないというが、公人の性格を帯びている。私たちの一挙手一投足が社会的に影響を及ぼし、特に若い世代に及ぼす影響が大きいため、法規のようなものをよく守らなければならない」とし「そんな意味からつねに自身をコントロールして、そのようなことが起きないように謹慎しなくてはいけない」と強調した。「お金をたくさん稼いだからと偉ぶるのではなく、いつも感謝する気持ちを持って謙遜して気をつけなければならない」とも付け加えた。

キム・セロンは18日、飲酒運転容疑で立件された。この日午前8時頃、ソウル市江南区(カンナムク)で飲酒運転をしてガードレールや変圧器などに衝突する事故を起こし一帯が停電するなどの被害が発生した。キム・セロンが通報を受けて出動した警察による血中アルコール濃度測定を拒否し近くの病院で採血検査を行ったことから、一週間後に結果が出る予定だ。

この事故でキム・セロンは撮影を数日後に控えていたSBSのドラマ『トロリー』から降板した。キム・セロンは19日、自身のインスタグラムに自筆の謝罪文を公開して「過った判断と行動で周辺の商店、市民、復旧してくれた方々など多くの方々に被害を及ぼした。もっと慎重で責任感を持って行動しなければならなかったが、そうできなかった。心から謝罪する」と謝罪した。

一方、イ・スンジェの主演映画『アンニョンハセヨ』は孤独な世界で死を決心した19歳のスミ(キム・ファニ)が「死ぬ方法」を教えてくれるという看護師ソジン(ユソン)の提案によってホスピス病棟を訪れ、そこでインス(イ・スンジェ)と出会う、感動的なヒューマンドラマだ。韓国で25日に公開。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-20 12:26:56