トップ > エンタメ > スターニュース > イ・ミンギ、眼差しで演技する俳優 魅力あふれるグラビアを披露

イ・ミンギ、眼差しで演技する俳優 魅力あふれるグラビアを披露


  • イ・ミンギ、眼差しで演技する俳優 魅力あふれるグラビアを披露
  • COSMOPOLITAN

俳優のイ・ミンギが魅力的な眼差しをアピールした。

JTBC週末ドラマ『私の解放日誌』にチャンヒ役として出演中のイ・ミンギのグラビアが『COSMOPOLITAN』6月号を通じて公開された。

「終電をわざと逃した、京畿道民チャンヒの二重生活」をコンセプトにソウルのあるホテルで行われた撮影で俳優のイ・ミンギはモデル時代を思い出させる画面掌握力で一気にAカットを完成させたそうだ。

イ・ミンギは『私の解放日誌』の撮影当時、チャンヒ役のために体重を6キロ程度減量したと明らかにした。彼は「イエルさんに撮影現場で「あなたは、すごく紙のようだ」と何度も言われた。僕が考えたチャンヒがまさにそのような感じだった。監督も「チャンヒが服を買うキャラクターであってはならない」とおっしゃった」と伝えた。

劇中で多少現実的な悩みを多く抱えている30代男性の日常をリアルに見せる演技で好評を得ているイ・ミンギは、チャンヒに対して「他の生き方を見せなければならないキャラクターだ」と解釈を続けた。

彼は「非常に理性的で冷徹な視線を持っている。正しいことをたくさん言って思ったよりストレートな発言をする。ところが、話をあまりにもたくさんするため人々がチャンヒの話をよく聞いてくれない。視聴者たちがチャンヒを分別なく見るかもしれない、チャンヒが話す言葉が視聴者たちに届くだろうか?と考えるようになる」とし「(状況把握がとても上手で)胸が痛い」と説明した。

  • イ・ミンギ、眼差しで演技する俳優 魅力あふれるグラビアを披露
  • COSMOPOLITAN

劇中のチャンヒは口数が多く時には分別のないキャラクターだが、劇の雰囲気を喚起する重要な役割を担当している。イ・ミンギは特にチャンヒが劇中序盤でクさんと一緒に小川を越えようと試みたシーンに対して「台本を見ながら、なぜ越えようとしたのか悩んだ」として「チャンヒは自分が渡れないことを知っていた。知っているが、その瞬間は自分を信じなければならない時だった。(彼女と別れて)仕事もうまくいかない時期だった。じっとしていればずっと「ここ」にいて向こう側は試みさえできない人になる。その状況を抜け出そうとする跳躍のタイミングだった。だが、その結果はとてもチャンヒらしい」として、それなりの解釈を付け加えた。

一方、彼は今回の『私の解放日誌』4人の主演の中で、一番先にチャンヒ役にキャスティングされたことが分かった。イ・ミンギは「キム・ソクユン監督から連絡が来て「パク・ヘヨン作家と色々な作品を準備中だが、作家がチャンヒはイ・ミンギ氏でなければならないようだ」と言った。監督とも作品をぜひやってみたかったしパク・ヘヨン作家のファンなので、すぐにやると言った」とビハインドを明らかにした。

チャンヒの役割が人々に、よく伝えられるか悩み『私の解放日誌』をリアルタイムで視聴しているというイ・ミンギは劇中の人として最も魅力的なキャラクターとして「解放クラブ」の部長とチャンヒの友人ドゥファンを挙げた。

彼は「部長が力なく吐き出す言葉が好きだ。目立つ役割ではないが、特にその部長を見ると心が安らかになる。気楽にさせるキャラクター」と答えた。

デビュー当初の映画『恋愛の温度』の中のドンヒの系譜を継ぐ「生活密着型キャラクター」チャンヒを演じながら「主な特技ができたのは悪くない」と伝えるイ・ミンギのより多くのグラビアとインタビューは『COSMOPOLITAN』ウェブサイトと6月号で確認できる。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-20 10:10:24