トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ソン・ソック、ドラマ出演者の話題性部門で4週連続1位を記録

ソン・ソック、ドラマ出演者の話題性部門で4週連続1位を記録


  • ソン・ソック、ドラマ出演者の話題性部門で4週連続1位を記録
  • スタートゥデイDB

俳優のソン・ソックがドラマ出演者の話題性部門で4週連続1位を守っている。

5月3週目のグッドデータTV話題性ドラマ部門の順位発表結果によるとJTBC『私の解放日誌』が3週連続1位に上がった。特にソン・ソックとキム・ジウォンが4週連続出演者話題性部門1位と2位を維持しており注目を集めている。

『私の解放日誌』に続きtvN『私たちのブルース』が3週連続2位を維持中だ。MBC『明日』は終盤話題性が急上昇し3位を記録した。『明日』は3週間前と比べて話題性が何と2.3倍増加し9位から3位に順位が上昇したのだ。キム・ヒソンとイ・スヒョクの過去の姿が披露された時点から話題性が高まったものと分析される。

4位は先週対比11.37%上がったSBS『アゲイン・マイ・ライフ』が占めた。5位からはKBS2『赤い丹心』、tvN『流れ星』、JTBC『グリーン・マザーズ・クラブ』、tvN『殺人者の買い物リスト』、KBS2『愛のクァベギ』、『現在は美しい』の順で現れた。

出演者話題性部門の上位圏にはソン・ソック、キム・ジウォンに続いて『私たちのブルース』のハン・ジミン(3位)、オム・ジョンファ(4位)、イ・ジョンウン(6位)、キム・ウビン(9位)が名前を上げた。

ソン・ソックは興行中の映画『犯罪都市2』の封切りとJTBCドラマ『私の解放日誌』を通じて全盛期を迎えている。『犯罪都市2』は封切り初週観客数300万人を越え400万人を目前にしている。『私の解放日誌』ではキム・ジウォンとのラブラインを誕生させ話題の中心に立っている。

韓国放送コンテンツ競争力分析専門機関であるグッドデータコーポレーション(www.gooddata.co.kr)が5月23日に発表したグッドデータTV話題性ドラマ順位は、2022年5月16日から2022年5月22日まで放送中か予定のドラマ25編を対象にニュース記事、ブログ/コミュニティ、動画、SNSで発生したネットユーザーの反応を分析した結果だ。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-24 11:04:07