トップ > エンタメ > K-POP > ATEEZ、日本2ndミニアルバム「BEYOND:ZERO」を公開 先行公開曲21か国1位

ATEEZ、日本2ndミニアルバム「BEYOND:ZERO」を公開 先行公開曲21か国1位


  • ATEEZ、日本2ndミニアルバム「BEYOND:ZERO」を公開 先行公開曲21か国1位
  • KGエンターテインメント

グループATEEZの日本2ndミニアルバムがベールを脱いだ。

25日0時、ATEEZは各種オンライン音源サイトを通じて日本2ndミニアルバム『BEYOND:ZERO』を発売し熱い人気を呼んでいる。

今回の新譜『BEYOND:ZERO』は今後ATEEZが「ゼロ」を越えて多様な世界に飛んでいくという意味を込めたアルバムで、先立って国内で発売されたアルバムの中でグローバルファンの熱い愛を受けた「Deja Vu」、「Turbulence」、「Take Me Home」、「I'm The One」の日本語バージョンが収録された。

特に今回のアルバムのための新曲「The King」は、厳しい時期を過ごしている人々に疲れない情熱とエネルギーを与える。

アルバム発売に先立ち18日0時に先行公開されたタイトル曲「ROCKY」のボクサーバージョン(Boxers Ver.)はレコチョクのKーPOPデイリーチャート2位、ワールドワイドiTunesトップソングチャート3位、LINE MUSICデイリートップ100チャート9位などを占めニューアルバムに対する期待感を立証した。特に音源と共に公開されたミュージックビデオもやはり「ミュージックビデオトレンディワールドワイド」1位に名前を上げ話題を集めた。

ATEEZは25日午前、累積基準でチリ、ペルー、ブラジル、インドネシア、フィリピンなど21か国のiTunesトップソングチャートのトップに上がり、10か月ぶりの日本カムバックによる底力を見せただけでなくアルバム発売後『BEYOND:ZERO』がLINE MUSICの週間アルバムチャート2位およびデイリーアルバムチャート4位を占めた。

ATEEZは25日の昼12時から国内で『BEYOND:ZERO』音源サービスを始め、7月16日から18日まで日本横浜「ぴあアリーナMM」で日本初の単独コンサート「THE FELLOWSHIP : BEGINNING OF THE END IN JAPAN」を開催する。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-25 11:48:11