トップ > エンタメ > スターニュース > 卵巣がんステージ4だったユーチューバーのクミン、25日に死去 一週間前に最後の挨拶

卵巣がんステージ4だったユーチューバーのクミン、25日に死去 一週間前に最後の挨拶


  • 卵巣がんステージ4だったユーチューバーのクミン、25日に死去 一週間前に最後の挨拶
  • YouTube

卵巣がんで闘病していたユーチューバーのクミン(本名イ・ソルビ)がこの世を去った。享年23歳。

去る25日、クミンのYouTubeチャンネルのコメント欄には、クミンの知人が投稿した文が公開された。知人は「こんにちは、私たちのクミン、私たちのソルビが今日、大変な旅程を後にしてこの世を去った」と訃報を知らせた。

続いて「皆さんがくださった多くの愛に本当に感謝している」とし、「YouTubeで活動しながら皆さんがくださった多くの愛にクミンがとても喜んでいて、私もその姿がとても良かった。私たちにまた人生が与えられるなら再会して、より幸せな人生を生きていけることを切に願いながら、クミンに小さな哀悼をお願いする」と付け加えた。

クミンの知人はまた「現在、証拠の提示を望まれる方々がいる。式を進めており関連した写真を載せることはとても礼儀に反することだから。喜怒哀楽を共にした本当に大切にしていた人をあの世に送りながらも(訃報の伝達を)お願いされて書いたコメントなので信じてくれると嬉しい。また論争や嘲笑は控えてほしい」と呼びかけた。

クミンはこれまでYouTubeを通じてモクバンやメイクアップ、卵巣がん闘病記などを公開してきた。昨年6月「卵巣小細胞がんだそうだ」とし「完治は不可能で抗がんで延命できる期間も6カ月から1年程度だという」と明らかにした。また「昨年、満21歳の時に卵巣小細胞がんステージ4の判定を受けた。最近、11度目の抗がん治療を受けた」と説明した。以後、全身にがん細胞が転移したと、麻薬性鎮痛剤を使用していることを明らかにした。

亡くなる6日前の去る19日には「私の人生の最後の記録。皆さんありがとうございました。末期の余命宣告一週間」というタイトルの映像を公開してチャンネル登録者たちと挨拶を交わした。

当時、クミンは「最後に映像をアップロードしたほうがいいと思うので残す」とし「一週間前まで問題なかったが、一週間のあいだに状態があまりにも悪くなり、これから一週間から1カ月くらい生きられそうだ」と余命があまり残っていないことを知らせた。

それとともに「皆さんのおかげでYouTubeの収益でおいしいものを買って食べてコメントで応援してもらえて幸せだった」とし、「すごく感謝しているし、YouTubeをやってよかったと思う」と感謝の気持ちを伝えた。

クミンはまた「みんな元気で。来世できっと会いましょう」と付け加えた。

ベッドに横になって映像を撮影していたクミンは呼吸が苦しいようで途中何度も荒く息を吐きながらかろうじて話を続けた。2週間前に公開された映像では外出もして食事も楽しむ姿を見せていたクミンが急速に悪化した姿を見せて視聴者から驚かれた。

クミンの訃報が伝わると、ネットユーザーたちは「冥福を祈る」、「これまでお疲れ様」、「安らかに」、「故人の冥福を祈る」、「最後の挨拶に胸が痛い」など哀悼した。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-26 08:25:24