トップ > エンタメ > スターニュース > 防弾少年団&「イカゲーム」のシンドローム効果、昨年の韓流輸出が15兆ウォンに迫る

防弾少年団&「イカゲーム」のシンドローム効果、昨年の韓流輸出が15兆ウォンに迫る


  • 防弾少年団&「イカゲーム」のシンドローム効果、昨年の韓流輸出が15兆ウォンに迫る
  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)とNetflix『イカゲーム』のグローバルシンドロームに支えられ昨年、韓流関連輸出額が15兆ウォンに迫ったことが分かった。

26日、韓国国際文化交流振興院が発刊した「2021韓流波及効果の研究」報告書によると、昨年の韓流に関連する総輸出額は約14兆7861億ウォンでコロナパンデミック時局にも前年対比1.5%増加した。

韓流関連消費財の輸出増加率が19.2%に達し全体輸出の増加を牽引した。文化コンテンツの輸出は7.2%減少したが、これは前年度の輸出急増にともなう反動減と分析される。

報告書は全世界18か国の韓流コンテンツ消費者8500人を対象にしたアンケート調査結果と文化コンテンツ・消費財・観光産業輸出資料を土台に作成された。

韓流の海外人気と大衆化を数値化した「韓流現況指数」と韓流成長・衰退可否を示す「韓流心理指数」もそれぞれ前年対比4.9%、6.2%増加した。

報告書は韓流現況指数を根拠に世界18か国を「少数関心・拡散・大衆化」に分類した。韓流心理指数は各国を韓流に対する関心によって「衰退・中間成長・高成長」に分ける指標だ。

韓流の「大衆化」が行われた国はベトナム、マレーシア、台湾、インドネシア、タイ、中国など6か国で前年より3か国が増加し、残りの12か国は全て「拡散」段階に分類された。インド、タイ、ベトナム、アラブ首長国連邦は「高成長」、残りの14か国は「中間成長」と調査された。「少数関心」の段階の国家はなかった。

世界的な韓流の人気を示している。

報告書は「長い間、韓流の衰退グループに分類された日本まで中間成長グループに移動した」として「米国、英国、オーストラリア、南アフリカ共和国など過去、韓流の人気が中下位圏に留まった国家まで韓流の大衆化が行われた。これは『イカゲーム』と防弾少年団のグローバルシンドロームの影響が大きかったため」と分析した。

世界的な韓流成長のおかげで、昨年の韓流の付加価値誘発効果は10兆8725億ウォン、就職誘発効果は12万9879人と、それぞれ調査された。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-26 14:03:23