トップ > エンタメ > K-POP > TREASURE、11月の日本アリーナツアー15万席「全席完売」グループの熱い人気を立証

TREASURE、11月の日本アリーナツアー15万席「全席完売」グループの熱い人気を立証


  • TREASURE、11月の日本アリーナツアー15万席「全席完売」グループの熱い人気を立証
  • YGエンターテイメント

グループTREASUREの日本アリーナツアーが早くも全席完売し、グループの熱い人気を立証した。

31日YGエンターテインメントによると、11月に予定されているTREASUREの日本6都市17回コンサートチケットは、前売り開始と同時にあっという間に売り切れた。チケットは合計で15万5千席だったが、32万件余りの予約が殺到し、激しいチケッティング競争が繰り広げられた。

デビュー後初めて日本を訪問するK-POPアーティストのツアーで最大規模だった点を考慮しても、相当な成果だったことが分かる。現在、チケットを手に入れられなかったファンの追加公演要請が殺到している。

TREASUREはこれまで新型コロナウイルス感染症の影響で日本で特別な活動を展開できなかったにもかかわらず、音楽と映像コンテンツだけで成長を遂げてきた。

デビュー曲「BOY」から「I LOVE YOU」、「MMM」、「MY TREASURE」、「JIKJIN」など、彼らがこれまで発表したタイトル曲はすべて日本主要音楽チャートのトップを席巻してきた。

また、収録曲「DARARI」と「YG宝石箱」のシグナルソングだった「Going Crazy」、日本アニメーション『ブラッククローバー』のテーマ曲「BEAUTIFUL」もタイトル曲に劣らない人気を集め、グローバルファンの底辺を広げる後押しをした。

日本ツアー初公演まで約6ヵ月も残したうえに、今夏TREASUREのカムバックが可視化されるなど、彼らの人気上昇の勢いにさらに弾みがつくものと期待される。

YG側は「TREASUREの次期タイトル曲はすでに確定しており、録音作業と振り付け練習など細部調整を終えればミュージックビデオ撮影を進行する計画」と最近明らかにした経緯がある。

続けて「韓国国内コンサートの場合も新型コロナウイルス感染症防疫規則により歓声と応援の声を出せなかったファンの残念さが大きかった。メンバーもファンたちともっとたくさん交流したいという意志が強く、追加コンサートを肯定的に検討中だ」と伝えた。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-31 09:36:26