トップ > エンタメ > スターニュース > 1世代K-POPアイドル出身の代表が練習生を暴行? 「第二の被害者が発生しないように」

1世代K-POPアイドル出身の代表が練習生を暴行? 「第二の被害者が発生しないように」


  • 1世代K-POPアイドル出身の代表が練習生を暴行? 「第二の被害者が発生しないように」
  • スタートゥデイDB

第1世代K-POPアイドル出身のエンターテイメント代表に無慈悲に暴行されたと主張する暴露が投稿されて関心が集まっている。

去る6日、あるオンラインコミュニティには「第1世代最高のアイドルから暴行を受けて夢を諦めました。謝罪してほしいです」というタイトルの暴露文が投稿された。

自分をアイドル練習生出身だと明らかにしたAさんは「こうして書いているのは私が過去に受けた暴行による記憶のためだ。6年という時間が過ぎたが、あの日のことを考えると涙が目の前を覆う。まだ恐ろしいが、第2、第3の被害者が発生しないことを願う気持ちから公益的な目的でこの文を書いている」と暴露文を投稿した理由を明らかにした。

続いて「第1世代の有名K-POPアイドルグループメンバーだったBさんが代表のエンターテイメント会社の練習生だった。このグループは大韓民国で最も人気が高かったアイドルの一つで、今でも多くのファンが集まるほどだ。Bさんもやはりものすごい人気を享受したメンバーだ」と話した。

  • 1世代K-POPアイドル出身の代表が練習生を暴行? 「第二の被害者が発生しないように」
  • オンラインコミュニティ

20代の生活をあきらめてアイドル練習生活にまい進したというAさんは2016年2月18日、所属事務所代表のBさんと音楽について話を交わしていたなか、「音楽が少しオールドなので人々に好かれるかは分からない」という意見を明らかにした後に暴言と暴行の被害にあったと主張した。

AさんによるとB代表は暴言の後に暴行を始め、「右頬を4発、左頬を2発を瞬間的に暴行された。それでも怒りが収まらなかったのか「帽子を脱げ」という言葉と共に反強制的に帽子を脱がされた後、頭を拳で2発さらに殴られた」と打ち明けた。

Aさんは「もし練習を抜けたら契約違反という汚名が生じるかもしれないと暴行された翌日も出勤をした」とし「謝罪すると思ったがBさんはAさんが原因を提供したと、自分に責任を転嫁したと明らかにした。以後、Aさんはアイドルの夢をあきらめて会社と契約を解除した後、入隊を選択したという。

それとともに「6年間、その日の記憶のせいで苦しかったが、B代表が怖くて私は何もできなかった。そして6年が過ぎた今日、この文を書くことになった。この傷を一人で我慢して無視したら私だけでなく、2次、3次の被害者が生じるかもしれないと思ったからだ。私は何も望んでいません。B代表の心からの謝罪を望んでいる。どうか他の練習生たちがこのようなことで夢をあきらめることがないことを願う気持ちだ」と当時に練習室で撮った団体写真を一緒に公開した。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-07 11:11:19