トップ > エンタメ > スターニュース > カカオエンタ、パク・ジェボムの新生ダンス企画会社に投資

カカオエンタ、パク・ジェボムの新生ダンス企画会社に投資


  • カカオエンタ、パク・ジェボムの新生ダンス企画会社に投資
  • モアビジョンSNS

カカオが有名歌手兼事業家であるパク・ジェボム氏が創業した新生ダンス企画会社に株式投資を断行した。カカオエンターテインメントは、国内主要芸能企画会社とKコンテンツを中心に成長動力を強化し今後ナスダック上場に挑戦するという方針を立てたという。

15日、情報技術(IT)業界および投資(IB)業界によると最近カカオエンターテインメントは3月にパク・ジェボム代表が設立したダンス専門企画会社「モアビジョン」に投資し株式の約20%を確保したことが確認された。モアビジョンにはバラエティ番組『STREET WOMAN FIGHTER』の優勝者であるダンサーのハニージェイ、ダンスクルーのMVPなどが所属している。

カカオエンターテインメントの関係者は「パク代表は歌手、プロデューサーなど多様な領域で才能を備えたアーティストで、多様な形態の事業的パートナーシップを結ぶためにパク代表のモアビジョンに一部持分投資を進行した」として「カカオエンターの子会社に編入されることはない」と説明した。投資業界の関係者は「カカオはパク代表が保有した歌手としての能力や事業家としての可能性を高く見て協力体系構築に努力してきた」として「パク代表が国内だけでなく米国をはじめとする海外でも大きなファンダムを持っている点により今後海外事業を展開する過程でシナジー効果が創出されると見る」と説明した。

カカオエンターテインメントはグループ内の海外進出の先鋒にある系列会社で、ウェブトゥーン、ウェブ小説、音楽、映画などKコンテンツを通じて海外市場攻略に乗り出している。昨年、北米初のウェブトゥーンプラットフォーム「タパス」とウェブ小説プラットフォーム「ラディッシュ」、そして世界最大のアジアファンタジープラットフォーム「ウシアワールド」まで買い入れ、米国のコンテンツ市場攻略を加速化してきた。ここに国内最大の音楽コンテンツプラットフォームであるメロンを保有しており傘下に芸能事務所とメディア製作会社数十社を率いている。オリジナルストーリーを基に音楽、映画、ドラマ、ウェブバラエティまで多様なコンテンツを自主制作できる力量を備えている。カカオエンターテインメントはモアビジョンに対する投資で代表韓流芸能人であり事業家であるパク代表との協力を強化し国内だけでなく海外市場でもコンテンツ競争力を一層引き上げるものと期待している。

追加買収・合併(M&A)も予告される。昨年8月には国内代表芸能人であるユ・ジェソク氏と作曲家ユ・ヒヨル氏が所属しているアンテナの持分100%を買収し子会社に編入させ市場にM&Aの売り物として出てきたSMエンターテインメントの持分買収も検討している。

IB業界関係者は「SMエンターテインメントのイ・スマン会長とカカオ間交渉が長期化しているが、今年初めに会社間の直接交渉で法務法人を代理人として立てるほど真剣な議論をしている」として「現金取引よりは持分を一定比率でスワップする方式が検討されている」と伝えた。

  • 毎日経済 | チン・ヨンテ記者/オ・デソク記者
  • 入力 2022-06-15 17:19:23