トップ > エンタメ > 防弾少年団、ニューアルバムがビルボード1位…再確認した世界的人気

防弾少年団、ニューアルバムがビルボード1位…再確認した世界的人気


  • 防弾少年団、ニューアルバムがビルボード1位…再確認した世界的人気
  • BIGHIT MUSIC

グループ防弾少年団(以下、BTS)が米ビルボードのメインのアルバムチャートである「ビルボード200」で通算6作目となる1位を獲得し、グローバル的人気を誇示した。ただ、シングルチャートである「ホット100」ではTOP10入りを逃した。

19日(現地時間)ビルボードによると、BTSが10日に発表したニューアルバム『Proof』が「ビルボード200」で1位を獲得した。

ビルボードは「BTSは発売初週におよそ31万4000枚のアルバム売上枚数を記録した」とし「売上枚数の大半は、CD(実物)の販売だった」と明らかにした。

BTSが「ビルボード200」で1位になるのは今回で6回目だ。彼らはこれに先立ち、2018年6月『LOVE YOURSELF 轉 Tear』を皮切りに、『LOVE YOURSELF 結 Answer』、『MAP OF THE SOUL : PERSONA』、『MAP OF THE SOUL : 7』、『BE』などで「ビルボード200」において1位の大台を達成した。

「ビルボード200」は、CDなどフィジカルの販売枚数、ストリーミング回数をアルバム販売枚数に換算した数値(SEA)、デジタル音源ダウンロード回数をアルバム販売枚数に換算した数値(TEA)を合算しアルバムの売上枚数を算定するが、今回のアルバムは、グローバルトップスターの地位を確立しているBTSが1年8ヵ月ぶりにリリースした正式アルバムという点で、該当チャート1位を期待されていた。

ただ、シングルチャートではトップ10入りを逃した。20日、ビルボードは「ホット100」10位までの順位を公開しBTSのニューアルバムのタイトル曲「Yet To Come」は順位に入らなかった。

「Yet To Come」はBTSがかつてビルボードを揺るがした英語曲「Dynamite」「Butter」などとは違い韓国語曲で、比較的静かで穏やかな雰囲気の曲だという点などから、結果がある程度予想されていた。

ストリーミング、ラジオAirPlay回数において現地アーティストたちに比べて相対的に劣勢という見方も同様だ。しかし、BTSの「ホット100」最上位圏進入が実現しなかった決定的な要因は今年初めに行われたビルボードの改編だという。

去る1月のビルボードの告知によれば、1人の使用者がダウンロードした回数は、チャート集計で1回のみ換算され3.49ドル未満のアルバム、0.39ドル未満のシングルは売上枚数の集計から除外される。また、グッズやコンサートチケットなどが含まれたアルバムも売上枚数の集計から除外される。改編前には一週間に利用者1人当たり同じ曲を最大4回までダウンロードしても集計に含まれていたが、再編後は1回のみが認められる。

昨年、グローバル市場で大きな愛を受けたBTSの「Butter」の場合、米国音楽市場の年間報告書基準188万9000ダウンロード回数でデジタルソングセールスチャート年間1位を獲得し「ホット100」でも9週間トップの座を守ったが、一部からファンによる「市場歪曲」だとし、論議に包まれもした。

これと関連してRMはビルボードとのインタビューで「ビルボードチャート内で1位が何を代弁しなければならないのか議論がある中、規則を変えストリーミングが順位においてより比重を持つようにするのは彼らの役割」という所信を明らかにした。その後実際にビルボード「ホット100」順位算定方式は改編がなされた経緯がある。

一方、BTSは『Proof』アルバムを基点に当分グループではなくソロとして音楽活動を継続する。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-21 07:01:01