トップ > エンタメ > スターニュース > 40代女優が夫に刺され負傷、事件前日の夜に3回にわたって警察に通報していた

40代女優が夫に刺され負傷、事件前日の夜に3回にわたって警察に通報していた


  • 40代女優が夫に刺され負傷、事件前日の夜に3回にわたって警察に通報していた
40代女優の妻に凶器を振り回した疑いが持たれている夫が、殺人未遂の疑いで拘束送致された。

21日、警察によると、ソウル龍山(ヨンサン)警察署は殺人未遂容疑を受けている30代の男性A氏を同日午前、ソウル西部地検に拘束送致した。

16日、ソウル西部地裁パク・ウォンギュ令状専担部長判事はA氏に対して「証拠隠滅および逃走の恐れがある」として拘束令状を発行した。

A氏は14日午前8時40分頃、ソウル龍山区の家の前で子供を登校させていた40代女優の妻に凶器を何度も振り回し、極端な選択を試みようとした。

妻は首にけがをして近くの病院に運ばれたが、幸い命に別状はないと伝えられた。

妻は事件前日の夜に3回にわたって警察に通報した事実が明らかになった。

前日の夜には「夫が暴力を振るうので家から連れて行ってほしい」と通報し、出動した警察はA氏を退去措置した後、出入り口の暗証番号を変えるようにした。

だが、翌日午前1時頃「夫がベランダ側から入ろうとしている」と警察に再度通報し、40分後にも「夫が極端な選択をすると言っている」と通報した。

自ら足を刃物で刺した状態で発見されたA氏は病院に運ばれて治療を受けたが、退院した日の午前8時40分頃、娘が登校する時間に合わせて凶器を買って再び妻の自宅を訪れ犯行を犯したことが調査で明らかになった。

一方、この事件が報道された後、オンラインを通じて被害者の身元を推測する内容が飛び交い、多くの俳優たちが被害を受けている。
  • イ・タギョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-21 11:51:32