トップ > エンタメ > グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?

グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?


  • グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?
  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)が団体活動の暫定的な中断を宣言した。メンバーたちはデビューから9年間続いた休みのない活動により創作の壁にぶつかり、華やかな活動の陰でケアしきれなかった個人の成長に集中すると明らかにした。これにより防弾少年団はJ-HOPEを皮切りに当分のあいだソロ活動に集中する計画だ。

近年、韓国の歌謡界は「BTSの世界」だったといっても過言ではない。米国ビルボードのメインチャートを席巻し、米国3大音楽授賞式のうち2つの賞で受賞する栄誉を抱くなど、世界的に熱い人気を享受しているだけに、防弾少年団に対抗できるほどのチームはなかった。

K-POPが全世界的に関心を集めながら目を見張るほどの成果を出すグループも多数あったが、「グローバルスーパースター」へと飛躍したBTSを越えるのは難しかった。そんななかBTSが団体活動を暫定的に中断することを宣言し、彼らの後に続いて「グローバルスーパールーキー」として活躍するK-POPボーイグループに関心が集まっている。

Stray Kids、米国ビルボードから日本のオリコンまで席券

  • グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?
  • JYPエンターテイメント

BTSの後を継ぐ「グローバルスーパールーキー」に挙げられるチームの一つはStray Kidsだ。Stray Kidsは去る3月に発売したミニアルバム『ODDINARY』で米国「ビルボード200」初登場と同時にチャート1位を記録した。これはBTS、SuperMに続いてK-POPアーティストとしては3番目の記録で、デビューから独自のプロデュース能力をもとに段階的な成長を重ねてきた結果だ。

それだけでなくStray Kidsは22日、日本で正式発売した2番目のミニアルバム『CIRCUS』でオリコン日間アルバムランキング1位を記録した。これにより、Stray Kidsは世界3大音楽チャートと呼ばれる米国ビルボード、イギリスUK、日本オリコンのうちの2つのランキングでトップに立ち「次世代K-POP代表ランナー」として存在感を表わした。

初動「ダブルミリオンセラー」SEVENTEEN

  • グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?
  • スタートゥデイDB

グループSEVENTEENは今年5月に発売した4thフルアルバム『Face the Sun』で初動(発売後1週間のアルバム売上枚数)が「ダブルミリオンセラー」(200万枚以上)を記録した。アルバム売上集計サイトであるHANTEOチャートによると『Face the Sun』の初動売上枚数は206万7769枚で、SEVENTEENの熱い人気を実感させた。

2020年6月に発売した7thミニアルバム『Heng:garae』で100万枚を売り上げてキャリアハイの始動をかけた彼らは3rdフルアルバム『An Ode』、スペシャルアルバム『; [Semicolon]』、8thミニアルバム『Your Choice』、9thミニアルバム『Attacca』に続いて『Face the Sun』まで、発売するすべてのアルバムがミリオンセラーを記録した。また『Face the Sun』は米国「ビルボード200」の7位にチャートインするなど、連日自己最高記録を更新している。

「別々にまた一緒に」… NCTのグローバルブーム

  • グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?
  • SMエンターテイメント

グループNCTも「グローバルスーパールーキー」に挙げられるチームの一つだ。「別々に、時には一緒に」活動することで有名なNCTは、曲によって組み合わせが異なるユニットNCT Uを皮切りに、ソウルをベースにしたチームNCT 127、青少年チームNCT DREAMドリーム、中国現地活動に注力するWayVなどの傘下ユニットで人気を得ている。彼らは膨大なCD売上枚数を記録するとともに、米国ビルボードでも成果を出してグローバルな人気を立証した。

特に顕著なユニットはNCT 127とNCT DREAMだ。NCT 127が昨年9月に発売した3rdフルアルバム『Sticker』は「ビルボード200」で3位になり、リパッケージアルバムを含む3rdフルアルバムの売上枚数は358万枚を超え、トリプルミリオンセラーを記録した。NCT DREAMも去る3月28日に発売した2ndフルアルバム『Glitch Mode』で209万枚、5月30日に発売したリパッケージ『Beatbox』で152万枚を販売して2ndフルアルバムの売上枚数は合計361万枚を記録し、トリプルミリオンセラーを達成する快挙を収めた。

「防弾少年団の弟」TOMORROW X TOGETHER

  • グループ活動からソロへシフトのBTS 後を継ぐグローバルK-POPスーパールーキーは?
  • スタートゥデイDB

BTSの所属事務所Big Hit Musicから2019年にデビューしたグループTOMORROW X TOGETHER(TXT)も世界の音楽市場で成果を出している。彼らはデビュー当時「BTSの弟グループ」として注目されたが、デビュー4年目に入った今は「防弾少年団の弟」ではなくTOMORROW X TOGETHERそのものとして認められている。

TOMORROW X TOGETHERは今年5月に発売した4thミニアルバム『minisode 2:Thursday's Child』で成果を出した。TOMORROW X TOGETHERはこのアルバムで「ビルボード200」で自己最高順位の4位を記録し、オリコン週間アルバムランキング1位になるなどグローバルな熱風を集めてきた。また『minisode 2:Thursday's Child』でデビュー後初のミリオンセラーを記録するなどステップバイステップで成長を見せている。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-30 15:01:01