トップ > エンタメ > 日本でも大人気だった故パク・ヨンハさんの死から12年

日本でも大人気だった故パク・ヨンハさんの死から12年


  • 日本でも大人気だった故パク・ヨンハさんの死から12年
  • スタートゥデイDB

故パク・ヨンハさんが12周忌を迎えた。

故人は2010年6月30日に遺体で発見された。享年32歳。

韓国と日本を行き来しながら大きな愛を受けた故人の突然の死に、ファンはもちろん家族や同僚たちも大きな衝撃を受けた。

当時、警察は「経済的困難やうつ病、病歴はなかった。父親の癌闘病、事業と芸能活動を並行することに対するストレスが激しかったと見られる」と推定した経緯がある。

故パク・ヨンハさんは1994年MBC「テーマ劇場」でデビューし『見てまた見て』『Loving You』『冬のソナタ』『オンエアー』などに出演し人気俳優となった。特に『冬のソナタ』は日本でヒットし韓流スターとして活発な活動を繰り広げた。

故パク・ヨンハさんは日本で「ヨンハちゃん」と呼ばれ親しまれた。

All In OST『初めて出逢った日のように』を直接歌うなど俳優兼歌手として存在感を知らせた。

2009年6月9日に放送終了したドラマ『ザ・スリングショット〜男の物語』は故人の遺作となった。

ファンは毎年、故パク・ヨンハさんが埋葬された盆唐(プンダン)メモリアルパークを訪れ追慕し、彼に対する変わらぬ愛を見せている。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-06-30 05:01:01