トップ > エンタメ > スターニュース > ムン・グニョン、監督として富川国際映画祭に参加 短編映画を上映

ムン・グニョン、監督として富川国際映画祭に参加 短編映画を上映


  • ムン・グニョン、監督として富川国際映画祭に参加 短編映画を上映
  • cré company、バチ創作グループ

女優兼監督のムン・グニョンが今年、「第26回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭」で自身が演出を手がけた3本の短編映画を披露する。

7日に開幕する「第26回富川国際ファンタスティック映画祭」(BIFAN)にムン・グニョンが率いるバチ創作グループの短編『深淵』、『現在進行形』、『夢に来て』がエクスラージ(XL)セクションの上映作に選ばれた。先立ってYouTubeにてバチ創作グループ初のプロジェクト「私の話 x Yolk」の一環として先行公開された3作品は今年の「富川国際ファンタスティック映画祭」を通じて大きなスクリーンとしても上映することになった。

まず『深淵』(Abyss)は必死に限界を越えようとする1人の女性が一筋の希望を発見した瞬間、さらに深くて暗い深淵に沈み、再び重くなった限界を乗り越えなければならない絶え間ないしがらみを盛り込む。方向を見当もつかず闇の中に吸い込まれ、どうしようもなく遊泳するムン・グニョンの水中演技が目を引く。

次に『現在進行形』(The Stage)には舞台を抜け出したくても抜け出すことができない芸術家の内面がモノクロ画面で巧みに描かれている。いくら頑張っても自分を照らすスポットライトから簡単に抜け出すことができない男の未練が深い残像と圧倒的な没入感を与えてくれる。

『夢に来て』(Be In My Dream)は喪失、大切な人との別れを照明する。この瞬間が永遠に続くことを願い、懐かしさに身を寄せて繰り広げる男の舞踊が平穏な夢の中のようで居心地の良さを感じさせる。

ムン・グニョンは上映後、映画に関する話ができるGV(観客との対話)にも出席を確定した。これは10日午後2時、CGV遠足10館で行われる。

「第26回富川国際ファンタスティック映画祭」は7日から17日まで開催される。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-01 09:35:10