トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ソンホ、メディアの前で涙の謝罪「自粛の期間 深く反省した」

キム・ソンホ、メディアの前で涙の謝罪「自粛の期間 深く反省した」


  • キム・ソンホ、メディアの前で涙の謝罪「自粛の期間 深く反省した」
  • SALTエンターテインメント

俳優のキム・ソンホがプライベートでのスキャンダル後、初めて公式な場に立った。復帰舞台である演劇『タッチング・ザ・ヴォイド』プレスコールを通じてだ。

キム・ソンホは20日の午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)大学路(テハクロ)アートワンシアター2館で開かれた『タッチング・ザ・ヴォイド』のプレスコール舞台と記者懇談会に参加し取材陣の前に立った。

キム・ソンホは同日、記者懇談会の開始前に1人で舞台に上がり話を切り出した。彼は「先に挨拶をするのが道理だと思ってマイクを持った。とても緊張している」と涙声で話した。

続けて「作品を紹介するプレスコールの席で、このような話をするのが誠に申し訳ない。今年の春から夏まで多くの方々の努力で作品が誕生した。迷惑をかけて申し訳ない」と涙を流した。

彼は「良くない知らせで多くの方々に心配をかけて申し訳ない」として「これまで自粛の期間、自分自身を振り返りながら反省し足りない部分を再確認した。もっと努力する」と頭を下げて謝罪した。

  • キム・ソンホ、メディアの前で涙の謝罪「自粛の期間 深く反省した」
  • 演劇「熱戦」

キム・ソンホは昨年10月、元彼女の暴露でプライベートでのスキャンダルに包まれ活動危機を迎えた。主演作であるtvNドラマ『スタートアップ』と『海街チャチャチャ』が相次いでヒットし、大勢俳優に生まれ変わった時期だったため、大衆の衝撃はさらに大きかった。当時、元恋人との対話内容が公開され立場が逆転したが、出演中だったKBS2『1泊2日シーズン4』をはじめ、映画『2時のデート』と『ドッグ・デイズ』の出演は不発に終わり広告などからも全て下車して自粛の時間を過ごした。

以後、キム・ソンホは3月タイに出国しスクリーンデビュー作『悲しい熱帯』の撮影に参加した後、4月韓国に帰ってきた。苦心の末に演劇舞台に復帰した彼は8日、初舞台を成功裏に終えた状態だ。

8日に開幕した『タッチング・ザ・ヴォイド』は1985年、誰も登らなかったペルー・アンデス山脈のシウラ・グランデの西側の氷壁をアルペンスタイルで登頂した英国人の登山家「ジョー・シンプソン」と「サイモン・イェーツ」の生存実話を土台にした作品だ。キム・ソンホは劇中の遭難事故で雪山に孤立した若い登山家「ジョー」役を演じた。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-20 16:16:58