トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ヨナさん結婚相手コ・ウリムの父親にも注目集まる 奉仕活動続ける牧師

キム・ヨナさん結婚相手コ・ウリムの父親にも注目集まる 奉仕活動続ける牧師


  • キム・ヨナさん結婚相手コ・ウリムの父親にも注目集まる 奉仕活動続ける牧師
  • YouTube画面キャプチャ

元フィギュアスケート五輪女王のキム・ヨナさんとForestellaのコ・ウリムが10月に結婚することが発表されたなかで、キム・ヨナさんの義父となるコ・ギョンス牧師にも注目が集まっている。

コ・ウリムの父親は大邱(テグ)平和教会のコ・ギョンス牧師で、大邱移住民宣教センターを運営しながら海外から韓国に移住してきた労働者など困窮世帯のための奉仕活動を続けてきたことが知られた。

2020年にキリスト教関連のYouTubeチャンネルである「ニュースアンドジョイ」で公開されたコ・ギョンス牧師を紹介する動画も再注目されている。コロナが流行し始めた初期にコ牧師は「教会で(マスクを)配ったが、移住民たちは教会に来ることすら難しかった。なので工業団地に行ってマスクと消毒液を渡した」と話した。

コ牧師は7月25日、国民日報とのインタビューで「将来のお嫁さん(キム・ヨナさん)と息子(コ・ウリム)は2人とも善良だ」と「これからも2人が神様のなかでそれぞれのタレントを上手に使うことを願う」と話した。また「キム・ヨナさんは長いことユニセフの広報大使を務めてきて、息子も私の移住民への活動を助けてきた」と2人の善良な姿を説明した。

  • キム・ヨナさん結婚相手コ・ウリムの父親にも注目集まる 奉仕活動続ける牧師
  • スタートゥデイDB、コ・ウリムSNS

キム・ヨナさんとコ・ウリムは2018年に開催されたアイスショー「オール・ザット・スケート」を通じて初めて出会い、3年間の交際の末に10月に非公開で結婚式を挙げる。

キム・ヨナさんは2010年バンクーバー冬季五輪でフィギュアスケート種目で韓国に初めて金メダルをもたらした。その後、2014年ソチ冬季五輪で銀メダルを首にかけた後、引退した。

その後、2018年平昌冬季五輪広報大使として大会を成功へと導き、多様な寄付活動を続けている。

キム・ヨナさんより5歳年下のコ・ウリムはソウル大学の声楽学科を卒業後、ソウル大学大学院に在学中だ。2017年JTBCオーディション番組『ファントムシンガー2』に出演した。カン・ヒョンホ、ペ・ドゥフン、チョ・ミンギュとチームを結成して最終優勝し、その後、グループForestellaとして活動している。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-07-26 08:24:08