トップ > エンタメ > スターニュース > コンサート会場撤去作業中に転落死 PSYの事務所がコメント「最後までケアする」

コンサート会場撤去作業中に転落死 PSYの事務所がコメント「最後までケアする」


  • コンサート会場撤去作業中に転落死 PSYの事務所がコメント「最後までケアする」
  • スタートゥデイDB

PSYのライブコンサートが開催された江原道(カンウォンド)の江陵(カンヌン)総合運動場で照明塔を撤去していた外国籍の労働者が20メートル下に墜落して死亡する事故が発生した。PSY側は故人への哀悼と遺族への慰めの言葉を伝えながら再発防止のために努力すると明らかにした。

31日、韓国の警察などによるとこの日の午後3時50分ころ、モンゴル国籍の20代の労働者が照明塔を撤去中に事故にあった。Aさんは駆け付けた消防当局により心肺停止状態で近隣の病院に運ばれたが亡くなった。

警察はAさんが作業中に足を滑らせたものとみて正確な事故の原因を調査中だ。

事故と関連してPSYの所属事務所であるP.NATIONは公式コメントで沈痛な思いを伝えた。事務所は「不慮の事故により亡くなった故人に心から哀悼の意を表し、遺族の方にも深い慰めの言葉を伝える」とコメントした。

事務所は「P.NATIONは見えないところで汗を流しているスタッフの努力をとてもよく知っており、それゆえ今回の事故がさらに悲痛だ」とし「故人の最後の行く道を最善を尽くしてケアする」と明らかにした。

また「これ以上、このようなことが起きないように対策を設けて再発防止に責任感のある姿勢で臨みたい」とし「改めて故人の冥福を祈る」と締めくくった。

PSYのコンサート「フムポク(びしょびしょ)ショー」は事故が発生した江陵(カンヌン)総合運動場で事故が発生した前日の30日午後6時に開催された。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-08-01 03:34:36