トップ > エンタメ > 飲酒測定拒否・警察官暴行の疑いNO:ELが上告…最高裁の判断を受けることに

飲酒測定拒否・警察官暴行の疑いNO:ELが上告…最高裁の判断を受けることに


  • 飲酒測定拒否・警察官暴行の疑いNO:ELが上告…最高裁の判断を受けることに
  • スタートゥデイDB

ラッパーのNO:EL(本名:チャン・ヨンジュン、22)が飲酒測定拒否および警察官暴行の疑いで、控訴審でも懲役1年を宣告されたことを不服として上告した。検察側の上告に続き両者の上告によって、チャン・ヨンジュン裁判は最高裁の判断を受けることになる。

チャン・ヨンジュンの弁護人は3日、事件を審理したソウル中央地裁刑事控訴4-3部(チャ・ウンギョン、ヤン・ジジョン)に上告状を提出した。

先立って検察側は1日、上告状を提出した。検察は懲役3年を求刑したが、先月28日控訴審裁判部はチャン・ヨンジュンに対して原審と同じ懲役1年を宣告したためだ。

チャン・ヨンジュンは昨年9月18日午後10時30分頃、ソウル瑞草(ソチョ)区盤浦洞(パンポドン)の聖母病院交差点で無免許状態でベンツを運転していたところ、他の車と接触事故を起こし、出動した警察官の飲酒測定要求に応じず、警察官の頭を殴った疑いが持たれている。

1審裁判所は、チャン・ヨンジュンに対する無免許運転、飲酒測定拒否、公務執行妨害、傷害容疑のうち傷害を除くすべての容疑を有罪と認め、懲役1年の実刑を宣告した。

控訴審裁判所も傷害容疑は認めなかった。

裁判過程では憲法裁判所が、度重なる飲酒運転および飲酒測定拒否を加重処罰するユン・チャンホ法に違憲決定を下したため減刑可否に関心が集まっていたが、控訴審裁判所も1審の懲役1年の実刑を維持した。

チャン・ヨンジュンは先月7日、結審公判で「あまりにも恥ずかしくて弁解の余地もない」とし「社会に戻れば父親と母親の血涙を拭ってあげたい」と最終陳述をした。

国民の力チャン・ジェウォン議員の息子であるチャン・ヨンジュンは2019年にもソウル麻浦(マッポ)区で酒に酔って車を運転してバイクに追突した疑惑で起訴され、2020年6月懲役1年6ヶ月に執行猶予2年を宣告された経緯がある。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-08-03 11:47:08