トップ > エンタメ > スターニュース > 「パリの恋人」「笑ってトンヘ」キム・ソンウォンさんが死去 がんで闘病

「パリの恋人」「笑ってトンヘ」キム・ソンウォンさんが死去 がんで闘病


  • 「パリの恋人」「笑ってトンヘ」キム・ソンウォンさんが死去 がんで闘病
  • TV CHOSUN

声優出身の俳優キム・ソンウォンさんが死去した。享年85歳。

遺族によるとキム・ソンウォンさんは今年初めに膀胱がん末期の判定を受けて闘病中だったが、この日の0時30分ころに他界した。

故キム・ソンウォンさんは声優としてデビューしてから俳優としても活動し、ドラマ『パリの恋人』、『笑ってトンヘ』などで主に企業の会長役を引き受けて、紳士的で重みのある演技を見せてくれていた。

1937年に生まれた故人は中央大学演劇映画科の前身であるソラボル芸大在学中の1957年にCBS声優2期としてデビューし、ラジオドラマなどで活動した。海外ドラマの吹き替えでも活躍した。

2000年に入ってからは『完全なる愛』(2003)、『パリの恋人』(2004)、『可愛くても、狂っても』(2005)、『素晴らしき、私の人生』(2007)、『笑ってトンヘ』(2010)などで会長、社長役を主に引き受けてきた。

韓国ミュージカル第一世代の俳優で、韓国ミュージカル協会の理事長とソウルミュージカル振興会の顧問を務め、ミュージカルの発展に寄与してきた。

50年近く糖尿病に苦しみ管理をしてきた。韓国糖尿病広報大使として活動して糖尿病の管理方法を知らせ、世界糖尿協会の功労賞も受け取った。
  • ソン・ジョンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-08-08 12:10:05