トップ > エンタメ > TV・映画 > 「未生」初回放送、会社員の哀歓込めたイム・シワン等の演技で順調なスタート

「未生」初回放送、会社員の哀歓込めたイム・シワン等の演技で順調なスタート

ドラマ「未生」1話、瞬間最高視聴率2.8% 

  • 「未生」初回放送、会社員の哀歓込めたイム・シワン等の演技で順調なスタート
新ドラマ『未生』が会社員たちの哀歓を現実感を込めて描き出して快調な出発を知らせた。

17日、初放送されたケーブルチャンネルtvN新金土ドラマ『未生』(脚本チョン・ユジョン、演出キム・ウォンソク)1話は90分に特別編成された中でヨルダンぺトラの神秘的で荘厳な風景、アムマン市内で繰り広げられるチャン・グレ(イム・シワン扮)の躍動的な追撃シーンで砲門を開いた。

この日の放送では主人公チャン・グレがウォンインターナショナルに入社することになるまでの過程と『甲』たちの戦場に放り込まれて孤軍奮闘記を通じて会社員たちの哀歓を込めた。

碁高卒検定試験が最終学歴であるチャン・グレはスペック、特技、経歴が全部である天下りインターンだという札により大企業の敷居を踏んだが、同じチームの上司であるオ・サンシク課長(イ・ソンミン扮)とキム・ドンシク代理(キム・デミョン扮)にはもちろん、インターンの同僚たちにも除け者の身となった。

続けてチャン・グレはインターンの同僚たちと共にイカの塩辛の中に紛れ込んでいるイイダコを分別する作業に派遣され現場サポートを行うことになった。彼は膨大な量の業務を黙々と遂行するが、同僚たちの除け者となって冷凍倉庫で一人残ってしなくてもいい仕事を長時間することとなった。

結局残業を処理するために会食の席にも参加できないチャン・グレは「自分が一生懸命やったって?いや、俺は一生懸命しなかったから世界に出てきたんだ。一生懸命やらなかったから」というナレーションで哀切さを込めた。

この日『未生』はイム・シワンの現実味のある演技と原作から飛び出したようなイ・ソンミンの強烈な初登場、破格的変身に続いて流暢な英語を完璧に消化したカン・ソラ、スペックの良い進入社員に扮したカン・ハヌルの演技力に没頭度を加えた。

『未生』1話はニルスンコリア有料プラットフォーム基準平均視聴率1.7%、最高視聴率2.8%を記録して順調な出発となった。新ドラマ『未生』が会社員たちの哀歓を現実感を込めて描き出して快調な出発を知らせた。
  • シークニュース キム・ジヨン記者/写真「未生」キャプチャー
  • 入力 2014-10-18 11:59:12