イ・ジョンソク北京ファンミーティング記者会見に現地メディアが殺到

「2014 Lee Jong Suk FANMEETING in北京」 

イ・ジョンソクが19日、中国北京でのファンミーティングを前にして行われた記者会見を通じて自身をたくさん知らせたいという抱負を明かした。

中国メディアの報道によるとイ・ジョンソクは19日、中国北京751広場にて進行された北京ファンミーティング記者会見にて「北京で初めてファンミーティングを行うことになった」とし「特別さよりも韓国ファンたちに比べて会える機会が少ないため、今回のファンミーティングを通じて私をよく知ってもらいたい」と明かした。また「前回の上海ファンミーティングにて不十分な部分があったので今回はもう少し完璧な姿をお見せするために努力した」と期待感を高めた。

イ・ジョンソクは「真実を追う社会部記者役を演じるドラマ『ピノキオ』を一生懸命撮影している」と近況を明かし、現地メディアたちは次の作品にも関心を見せた。この日、イ・ジョンソクを取材するために約50の現地メディアが集まって中国での人気を実感させた。

イ・ジョンソクファンミーティングイベントを企画主催したYJパートナーシップのパク・チェオク理事は「今回のイ・ジョンソクの北京ファンミーティングは中国訪問の知らせを出した際から現地メディアの熱い関心を受けた。入国からファンミーティング会場まで中国現地メディアだけでなく、ファンたちもイ・ジョンソクを見るために人だかりを作った。今回のファンミーティングは中国最大動画サイトTudou(土豆)にて主催した」と話した。加えて「イ・ジョンソクは現在中華圏で映画、ドラマだけでなくCFまでラブコールが殺到している。今回のファンミーティングを通じて再び中華圏最高の韓流スターとしての位置を証明した」と伝えた。

一方、『2014 Lee Jong Suk FANMEETING in Seoul』を終えたイ・ジョンソクは北京アジアツアーを皮切りとしてタイ、台湾などの海外5都市にてアジアツアーを行う。
  • シークニュース_ハン・スギン記者/写真=イ・ジョンソクファンミーティングポスター
  • 入力 2014-10-19 17:42:19