トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チャン・グンソク、4年ぶりドラマ出演確定 キム・ホンソン監督「犯罪の年代記」

チャン・グンソク、4年ぶりドラマ出演確定 キム・ホンソン監督「犯罪の年代記」


  • チャン・グンソク、4年ぶりドラマ出演確定 キム・ホンソン監督「犯罪の年代記」
  • 俳優チャン・グンソクが『犯罪の年代記』出演を確定させて4年ぶりに新しいドラマでカムバックする。写真:Craft 42 Ent

俳優チャン・グンソクが『犯罪の年代記』出演を確定させ、4年ぶりに新しいドラマでカムバックする。

8日、チャン・グンソクの所属事務所Craft 42 Entは「俳優チャン・グンソクがクーパンプレイドラマ『犯罪の年代記』にキャスティングされ撮影に突入した」と明らかにした。

『犯罪の年代記』は極悪非道な現在の事件を通じて、過去の未解決事件の真相を掘る犯罪スリラードラマだ。この作品は特に、3つの時間軸を貫通する3つの事件を扱う予定だ。

チャン・グンソクは劇中、弁護士特別採用で強行犯係に配属された刑事ク・ドハン役を演技する。チャン・グンソクは正義感あふれる人物であるク・ドハンを演じて、キャラクターと完璧それ以上のシンクロ率を見せると期待される。

『犯罪の年代記』は『ボイス 110緊急指令室』『客 ザ・ゲスト』『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え』などを手掛けたキム・ホンソン監督がメガホンを取り、チャン・グンソクと共にヒットを狙う。

チャン・グンソクは「この作品に出合うまで4年半という時間がかかった。これまでのどの時よりときめいて緊張する瞬間」とし「人生の一線を画すキャラクターを作るために最善を尽くす」と覚悟を伝えた。
  • MKスポーツ ソン・ジナ記者
  • 入力 2022-09-08 09:12:29