トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「イカゲーム」、エミー賞で非英語圏初の主演男優賞と監督賞受賞

「イカゲーム」、エミー賞で非英語圏初の主演男優賞と監督賞受賞


  • 「イカゲーム」、エミー賞で非英語圏初の主演男優賞と監督賞受賞
  • Netflix

「私1人ではなく私たちが一緒に歴史を作りました」(ファン・ドンヒョク監督)

Netflixドラマ『イカゲーム』が12日(現地時間)、米国放送界の最高権威とされる「プライムタイム・エミー賞」授賞式で非英語圏ドラマとしては史上初の監督賞と主演男優賞など主要2部門を席巻する快挙を成し遂げた。先立って4日、技術・制作陣を対象に開かれた「クリエイティブ・アーツ・エミー賞」授賞式で受賞したゲスト賞、視覚効果賞、スタントパフォーマンス賞、プロダクションデザイン賞などを含めれば6冠王となる。韓国語の作品が初めて「エミー賞」受賞の栄誉に輝き外国語映画としては初めてアカデミー作品賞を受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』に続きドラマでも「1インチの字幕の壁」を越えた。

米国テレビ芸術科学アカデミー(ATAS)はこの日、ロサンゼルス(LA)マイクロソフト劇場で開かれた「第74回エミー賞」授賞式のドラマシリーズ部門でファン・ドンヒョク監督に監督賞を、主演イ・ジョンジェに主演男優賞を授賞した。

「エミー賞」で監督賞は作品単位ではなくエピソード単位で候補を選定する。ファン監督は『イカゲーム』の1話「ムクゲの花が咲いた日」で監督賞にノミネートされ最終受賞者に選ばれた。

黒いタキシード姿に角縁メガネをかけ手を振りながら舞台に登場したファン監督は、事前に書いてきた紙を取り出して感想を述べた。「エミー賞とNetfrixに大きな感謝を伝える」と口を開いたファン監督は「非英語シリーズの受賞が今回が最後でないことを希望する。 まもなく『イカゲーム』シーズン2で戻ってくる」と感想を伝えた。

主演男優賞として呼ばれ舞台に上がったイ・ジョンジェは英語で「神に感謝し、またエミー賞、Netfrix、ファン・ドンヒョク監督に感謝する」として「立派なビジュアル、良い脚本の独創的な方式で私たちが人生で直面する現実的な問題をスクリーンにうつしてくれた」として受賞の喜びを表わした。彼は続けて韓国語で「大韓民国で見ている国民の皆さんと友人、家族、大切なファンと喜びを分かち合いたい」と感想を締めくくった。
  • 毎日経済 | パク・デウィ記者/キム・ユテ記者
  • 入力 2022-09-13 18:00:02