トップ > エンタメ > スターニュース > 90年代の人気シンガーソングライターのパク・ジョンウンさんが死去 享年57歳

90年代の人気シンガーソングライターのパク・ジョンウンさんが死去 享年57歳


  • 90年代の人気シンガーソングライターのパク・ジョンウンさんが死去 享年57歳
  • アルバムジャケット

韓国で90年代に人気を博した歌手パク・ジョンウンさんが亡くなった。享年57歳。

18日、峨山(アサン)病院によると、歌手パク・ジョンウンさんが前日午後8時ころに病院で死去した。出棺は21日に行われる。

親しかった歌手パク・ジュンハは、あるメディアにパク・ジョンウンさんが肝硬変で闘病していたなかでも、歌手としての再起を願って手術を選択したが、回復できずに亡くなった。ファンクラブの会長などが最後まで故人をそばで見守った。

パク・ジョンウンさんは幼いころに米国に移民したが、音楽活動のために韓国に戻ってきた。大学在学中にシンガーソングライターとして1987年MBC江辺歌謡祭に出場し、1989年「Who, Me?」でデビューした。プロジェクトグループで活動して名前を知らせ、1991年に発表した2ndアルバム「今日みたいな夜なら」、1993年「遠い未来に」を続けてヒットさせて人気を集め数々の賞を受賞した。2002年には6年ぶりに新曲を発表した。

2017年、暗号通貨の投資詐欺にかかわり、業務上横領の疑いなどで起訴され、翌年に懲役8か月、執行猶予2年の宣告を受けた。3年前、肝硬変の診断を受けたものと知られた。

パク・ジョンウンさんは闘病中にも新曲を出すためにパク・ジュンハと一緒に準備してきたことが知られた。

のどの状態をもとに戻すために病院治療を受け、1年以上を努力したが回復できなかった。その後、糖尿病の症状が悪化して病院で精密検査を行った結果、肝硬変を放置したことから50%が機能できずにいるという診断を受けた。

パク・ジョンウンさんの遺族には米国に居住している妻と娘がいる。遺族は訃報に接して18日に帰国した。
  • スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2022-09-19 09:24:07