トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ウェブトゥーン版「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」、ドラマ未公開エピソードを公開

ウェブトゥーン版「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」、ドラマ未公開エピソードを公開


  • ウェブトゥーン版「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」、ドラマ未公開エピソードを公開
  • LINE WEBTOON

ヒーリングドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のウェブトゥーン版で番外エピソードが公開される。

7月、同名の原作ドラマと共にLINE WEBTOONで連載を始めたウェブトゥーン『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』(絵ファウムジョ・文ユイル)はキャラクター紹介など基礎作業を終え本格ストーリー展開を披露している。

現在、ドラマ基準で2話「ずり落ちたウェディングドレス」のエピソードを公開しており、ドラマ終了後も着実に木曜ウェブトゥーン1、2位の座を維持している。8月からは日本語、タイ語、インドネシア語、中国語、中国語(繁体)などの言語で海外でも連載され、原作が伝えたヒーリング感性を世界のウェブトゥーン読者に伝えている。

ウェブトゥーン『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』はドラマ制作会社のAStory(代表イ・サンベク)のIP(知的財産権)ビジネス子会社AIMC(代表ハン・セミン)が制作した。AIMCは「ドラマに公開されていないエピソードを今後ウェブトゥーンを通じて徐々に解いていく予定だ。

その中にはロースクール時代のヨンウとスヨンの話、新人弁護士たちの会社生活の話などがある」として「特にキャラクター間のケミストリーを期待してほしい」と明らかにした。

ドラマ『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』は、1話の視聴率が0.9%(ニールセンコリア全国有料世帯基準)から始まり、8話で13.0%の視聴率に到達し、終映後もネットフリックスグローバル視聴順位で1位を記録し、ブームを続けている。

一方、ネットフリックスは6日『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』の英語吹き替え作業を進行中だと明らかにした。英語吹き替え版が公開されれば、ウェブトゥーンの北米圏ローンチングとともに、より多くのグローバル視聴者がドラマとウェブトゥーンを同時に楽しめる見通しだ。
  • ソン・ジョンウン スタートゥデイソン記者
  • 入力 2022-09-20 10:24:54