最終回「夜警日誌」チョン・イルとコ・ソンヒの再会でハッピーエンド

MBC「夜警日誌」24回(最終回) 

『夜警日誌』はチョン・イル、コ・ソンヒのカップルが再会してハッピーエンディングを迎えた。

21日放送されたMBC月火ドラマ『夜警日誌』最終回ではイ・リン(チョン・イル扮)が大蛇退散に成功し、貢物となったドハ(コ・ソンヒ扮)を助け出す物語が描かれた。大蛇が消えた後、サダム(キム・ソンオ扮)が千年花のオーラを過度に吸収したせいで自滅し、朝鮮には平和が訪れた。イ・リンは聖君になるために努力し、守護神3人衆(コ・チャンソク、イ・セチャン、カン・ジウ)は、彼のそばを離れた。

イ・リンは自身のためにそばを離れたドハを訪ね、彼女が置いていったブレスレットをつけてやった。また彼は「これを受け取ってくれるか」とドハの指に指輪をはめてやり、二人温かく抱きしめあった。続けて「人間と鬼神が交差して生きる時代が終わり、夜警は解体された。その後朝鮮に鬼神たちによる混乱は起きなかった」というイ・リンのナレーションと共に幕を閉じた。

『夜警日誌』は朝鮮時代を背景に、幽霊を否定する者と幽霊を利用しようとする者、そして幽霊を払おうとする3つの勢力の間で繰り広げられる物語を描いたドラマだ。先立ってファンタジーを融合させたフュージョン時代劇として話題を集めたが薄っぺらなCG効果と後半に入り、ややお粗末な展開が続いて物足りなさを残したという評もある。

『夜警日誌』の後続にはチェ・ジニョク、ペク・ジニ、チェ・ミンス、ソン・チャンミン主演の『傲慢と偏見』が放送される。『傲慢と偏見』は法と原則、人と愛を武器に悪い人間たちに立ち向かう検事たちの物語を描いた作品で27日初放送を迎える。
  • シークニュース キム・ジヨン記者 / 写真=MBC「夜警日誌」キャプチャー
  • 入力 2014-10-22 09:30:14