グループ少年共和国が「最強のゾンビ」へ変身した理由とは?


グループ少年共和国(Boys Republic)がハロウィンを迎えて『最強のゾンビたち』に変身した姿を公開した。

今年上半期にファンタジー3部作の信号弾であった『Video Game』と2部『可愛く着ておいで(原題)』で目と耳が楽しむ音楽を披露した少年共和国がハロウィンを迎えて最強のゾンビたちに変身した姿を公式SNSとYoutubeなどを通じて公開した。

少年共和国は公式Twitterを通じて「私たちがまだ少年共和国に見えるか?」という文と共にゾンビに変身した団体イメージと共にメンバー個々のゾンビ変身姿を見せた。メンバーウォンジュンはセルカ(自撮り)を撮って「道を歩いて転んだのではない。口の横はケチャップじゃない」というメッセージを残して笑いを誘った。

また公式Youtube『少年TVニュース』を通じて特殊扮装してゾンビに変身した過程を披露し、『ゾンビドル』に変化していく姿を公開し、ファンたちに挨拶はもちろん遊園地を訪れて園内を彷徨うゾンビはもちろん、ダンスを踊るゾンビなどを披露してアメリカドラマ『ウォーキング・デッド』を連想させた。

一方、『可愛く着ておいで』で夏シーズンを攻略した少年共和国は一味違った魅力で新しい活動を予告しファンたちの期待を集めている。
  • MBNスター ソン・チョロン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-11-01 14:08:15