チェ・ガンヒがドラマ「ハートトゥハート」で2年ぶりにお茶の間へ復帰

tvN「ハートトゥハート」 

俳優チェ・ガンヒが2年ぶりにお茶の間に復帰する。

チェ・ガンヒはケーブルチャンネルtvN金土ドラマ『ハートトゥハート』(脚本イ・ジョンア、演出イ・ユンジョン)への出演を確定、破格的な演技変身を予告して期待を高めている。

ドラマ『コーヒープリンス1号店』イ・ユンジョン監督の初tvNドラマとして熱い関心を集めている『ハートトゥハート』は注目をうケルト死んでしまう対人恐怖症の女性チャ・ホンドと注目を受けてこそ生きる財閥3世の精神科医師コ・イソクのメンタル治癒ロマンスドラマだ。治療を口実にした出会いによってコ・イソクとチャ・ホンド各自のトラウマを克服する過程を描いた。

ドラマの中でチェ・ガンヒは時を選ばず顔が赤くなる顔面紅潮と酷い対人恐怖症によって祖母の病室でなければ外に出かけることができないチャ・ホンド役を演じる。チャ・ホンドは新しいことに対する好奇心と『いったんやってみよう』という挑戦精神が強く知り、見て、行きたいと思うことを本とインターネットで学び習熟した人物だ。世界との唯一の疎通の窓口であった祖母の死後、祖母に変装して家政婦の仕事をしながら生きてきたが変装を脱ぎたいという一世一代の事件に出会って男性主人公と関わることになる役割でドラマの中心を引っ張っていく予定だ。

チェ・ガンヒは「久しぶりにドラマでお会いできるのでとてもときめく」とし「何よりもイ・ユンジョン監督など素晴らしい制作陣と共にできるので本当に光栄だ。今回の作品を通じて新鮮な姿をお見せできると思うのでさらに期待が大きい」と出演所感を伝えた。また彼女は「2年ぶりの復帰であるだけに負担も大きいけれど、おかしな部分がないように一生懸命努力するのでたくさんの関心と応援をお願いしたい」と付け加えた。

特にチェ・ガンヒは2005年のドラマ『心ふるわせて』で呼吸を合わせたイ・ユンジョン監督と10年ぶりに再会することとなる。チェ・ガンヒは今回の作品で破格的な演技変身を披露する。『国家情報院の諜報員』『熱血秘書』『フリーター』など多様なキャラクターに挑戦したのに続いて老人への変装と強い全羅道の方言を披露する予定でありさらに関心を高めている。

チェ・ガンヒはドラマ『7級公務員』以降、2年ぶりにお茶の間へ復帰、チャ・ホンド役で弾けるような魅力を見せる16部作ドラマ『ハートトゥハート』は『未生』後続作として1月2日から毎週金、土曜日夜8時40分放送予定だ。
  • シークニュース チェ・ジョンウン記者/写真=イ・ミファ記者
  • 入力 2014-11-03 15:18:03