EXOスホの父、「自分と息子が親日派とは…」警察へ捜査依頼


EXOリーダーのスホ(本名キム・ジュンミョン)の父である順天郷大学キム・ヨンハ(53)教授が12日、ソウル中央地検に告訴状を提出、警察捜査を依頼。最近オンラインを通じて広がった問題の掲示物のために息子の名誉が毀損されたという理由だ。

該当掲示物にはキム教授がニューライト(新右翼)系列の親日派だという内容が収められており、去る10日一部のオンラインサイトに掲載された後に早く拡散された。キム教授は「私が親日派だという誹謗は事実ではなく、息子まで『親日派の息子』だという風に名誉毀損しており表現の水位が深刻な一部ネチズンについて捜査を依頼し、法的対応をすることにした」と明かした。

特にあるメディアとの通話にて「公演のために現在日本にいるスホがインターネットの噂に接した後、父親に電話をかけて『父さんが本当に親日派なのか』と尋ね、これに『事実無根』だと答えた」という後日談を伝えた。

警察は掲示物の最初の作成者の身元把握に出るなど捜査に着手した。

一方、9月にキム教授は韓国年金学会長としてセヌリ党の依頼を受けて公務員年金改革案を発表した。その後公務員たちの抗議に苦しめられ、当時学会長を辞任した。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2014-11-13 10:40:03