ドラマ「ピノキオ」が1話あたり3億ウォンで中国に販売、歴代最高額


SBS水木ドラマ『ピノキオ』が中国輸出最高価格を更新して海外輸出に青信号を送った。

『ピノキオ』側は24日、中国最大動画ポータルサイトを保有するYouku Tudouグループに1話あたり28万ドル(約3億1100万ウォン)で販売されたと明かした。これは現在まで最高輸出価格を記録していたドラマ『私にはとても愛らしい彼女』の1話あたり20万ドルを超えるだけでなく、『星から来たあなた』が記録した3万5000ドルの輸出価格とはなんと8倍の差をつけた金額だ。

嘘の名前で生きる男と嘘をつけない女の青春成長恋愛ドラマ『ピノキオ』は中国輸出最高価格を達成したのに続き、中国各種ポータルサイトにて検索語1位を占領するなどすでに熱い反応を受けている。

制作社側は「中国以外の海外での反応も少しずつ熱くなっている」とし「これからさらにクオリティの高いドラマとして国内外の視聴者の方々の愛にお返ししたい」と伝えた。
  • スタートゥデイ チン・ヒョンチョル記者
  • 入力 2014-11-24 17:12:09