トップ > エンタメ > TV・映画 > 「王の顔」ソ・イングク、チョ・ユニ、シン・ソンロクが覆面をつけて運命の出会い

「王の顔」ソ・イングク、チョ・ユニ、シン・ソンロクが覆面をつけて運命の出会い

「王の顔」5話 

  • 「王の顔」ソ・イングク、チョ・ユニ、シン・ソンロクが覆面をつけて運命の出会い
『王の顔』ソ・イングクとチョ・ユニ、シン・ソンロクが草原で対峙した。

KBS2水木ドラマ『王の顔』側は光海君(ソ・イングク扮)とキム・ガヒ(チョ・ユニ扮)、キム・ドチ(シン・ソンロク扮)の姿を収めた5話スチールカットを公開した。光海君は黒い覆面で顔を隠して誰かを鋭い眼差しで見つめている。彼は笠の下の冷徹な眼差しを見せて関心を集める。

ガヒは笠を深く被って弓と矢筒で完全に武装した姿をしている。ドチの周辺にはたくましい体格の武士たちが立っており、殺伐とした雰囲気を演出している。光海君はガヒと3年前の悲しい別れの後、誤解を解く機会を得ることができずにいた。ドチもガヒについて愛を育てている状況であるため3人が5話にて再会することとなりながら、彼らの関係が新しい局面を迎えるのか注目される。

制作会社の関係者は「5話では光海君が世子の座にのぼるため関門を通過することとなる」とし、「この試験の結果によってこれからの展開が大きく変わっていく」と予告した。

ドラマ『王の顔』は毎週水、木曜日夜10時放送。
  • シックニュース クァク・ユン記者/写真=KBSメディア | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-12-03 13:40:38