トップ > エンタメ > スターニュース > シン・セギョンが「感覚男女」女性主人公を検討中

シン・セギョンが「感覚男女」女性主人公を検討中


  • シン・セギョンが「感覚男女」女性主人公を検討中
シン・セギョンがSBS新水木ドラマ『感覚男女』(仮題)の出演を検討中だ。

このドラマのある関係者は22日、「シン・セギョンが『感覚男女』出演を確定させて撮影を準備中」と明かした。しかし、シン・セギョンの所属事務所ナムアクターズは「オファーを受けて検討中であることは事実だが、確定はしていない」と慎重な姿を見せた。

『感覚少女』は『匂いを見る少女』というタイトルで知られたドラマだ。グループmissAスジ、チン・セヨンなどが出演候補となっていた。シン・セギョンが出演を確定させた場合、昨年11月に放送終了したKBS2『アイアンマン』以降6ヶ月ぶりにお茶の間にカムバックすることとなる。

ウェブトゥーン『匂いを見る少女』が原作である『感覚少女』は3年前のバーコード殺人事件によって妹を失い無感覚な一人の男と、同じ事故に遭い奇跡的に生き残るが以前の記憶をすべて失い超感覚を所有する一人の女の物語を描く。

女性主人公は何事にも肯定的で楽観的な性格だが、不正を見ると我慢が出来ない性格だ。すべて一旦はやってみる性格であるため、周辺の人々が混乱することが日常的だ。

男性主人公にはグループJYJパク・ユチョンが出演を検討している。『黄金の新婦』『タチャ』『かぼちゃの花の純情』のペク・スンチャンPDが演出、『屋根部屋の皇太子』、『野王』のイ・ミョンヒ作家が執筆を担う。現在放送中の『ハイド・ジキル、私』の後続作として来る4月に放送される。
  • シックニュース チェ・ジョンウン記者/写真=イ・ミファ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-02-23 09:25:12