トップ > エンタメ > TV・映画 > キム・ウビンが映画「二十歳」OSTにナレーションで参加

キム・ウビンが映画「二十歳」OSTにナレーションで参加


  • キム・ウビンが映画「二十歳」OSTにナレーションで参加
映画『二十歳』に出演する俳優キム・ウビンがSWEET SORROW(スウィートソロウ)と共に歌唱力を披露した。

『二十歳』制作陣は18日に発売を控えるスペシャルOST Part2『二十歳』のティーザーミュージックビデオを10日に公開した。制作陣は「劇中チホ役を演じるキム・ウビンの声とSWEET SORROWの甘いハーモニーがしっかりと融合した曲だ。キム・ウビンはナレーションに即興でアイデアを出すなど熱意を持って参加してくれた」と伝えた。

今回公開された『二十歳』のティーザーミュージックビデオは「二十歳、あなたはどうでしたか?」をテーマに俳優たちの率直な考えを取り込んだ。同い年の3人衆キム・ウビン、2PMイ・ジュノ、カン・ハヌルはそれぞれ「私にとって二十歳は『出発点』だ」、「私にとって二十歳は『原石』」、「私にとって二十歳は『焼酎』」と自分だけの「二十歳」に対する定義を下した。

キム・ウビンとSWEET SORROWが共にした男たちの合唱『二十歳』は映画の中のエンディング曲として挿入される予定だ。

映画『二十歳』は人気だけが多いチホ(キム・ウビン扮)、生活力だけが強いドンウ(イ・ジュノ扮)、勉強だけが出来るギョンジェ(カン・ハヌル扮)まで人生でもっとも恥ずかしい瞬間を共にした二十歳の3人の若者の話を描いた。3月25日公開予定だ。
  • MBNスター パク・ヨングン記者/写真=NEW | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-03-10 17:27:26