トップ > エンタメ > TV・映画 > 「学校2015」初々しく和気藹々とした台本リーディング現場

「学校2015」初々しく和気藹々とした台本リーディング現場

「Who are you-学校2015」 

  • 「学校2015」初々しく和気藹々とした台本リーディング現場
KBS新月火ドラマ『Who are you-学校2015』の台本リーディング現場が公開された。

今月1日、KBS別館にて進行された台本リーディングには『Who are you-学校2015』ペク・サンフん監督とキム・ヒョンジョン、キム・ミンジョン作家をはじめとして、3人の男女主人公キム・ソヒョン、ナム・ジュヒョク、ユク・ソンジェとセガン高2学年3組の個性満点の学生たちキム・ヒジョン、イ・チョヒ、イ・ダウィッなどが全員参加した。約40人の出演陣とスタッフが共にした。

本格的な台本リーディングが始まる前、『Who are you-学校2015』のチョン・ソンホCPは「ついに学校の6番目のシリーズとなる『Who are you-学校2015』が本格的に開始することになった。長い時間準備してきた作品であるだけに、共に良いドラマを作れればと思う」と全俳優とスタッフの士気を高めた。

続けてキム・ヒョンジョン作家は「学生たちだけが持っている良い気運でより豊かなドラマを作ることが可能な点が学園物の長所だと考える。18歳が持っている魅力がしっかり打ち出される作品が作られるように最善を尽くす」と台本リーディングの開始を活気あふれるものにした。

俳優たちはリーディングが開始されるや18歳の学生の気持ちを代弁するように、リアルで実感の沸く演技を繰り広げた。加えて初めてのリーディングということが信じられないほどにしっかりとした呼吸を誇った。時には十代らしい活気あふれる姿で雰囲気を高め、時には彼らの悩みと感情に100%入り込んで現場のすべての人々を集中させた。

台本リーディングを終えた後、ペク・サンフん監督は「皆さんが作品の中で楽しく羽を広げられるようにするので存分に楽しんでくれれば嬉しい。全員が子服に、楽しく、余裕を持って作品に入ることができることを願う」とポジティブな気運を巻き起こした。

『Who are you-学校2015』は学生たちが体験するリアルで多様な感性を盛り込んだ青春学園ドラマだ。1999年から開始された「学校」シリーズは世代を問わず視聴者に無限の共感を引き起こし、国民ドラマ隊列に浮上した。チョ・インソン、チャン・ヒョク、ハ・ジウォン、イム・スジョン、イ・ジョンソク、キム・ウビンなど数多くのトップスターを輩出している。

現在放送中の『ブラッド』後続作として今月27日から放送される。
  • スタートゥデイ オ・ジュヨン記者
  • 入力 2015-04-06 10:32:43