大韓産婦人科医師会、ソン・ミンホ・YGエンタ・Mnetからの謝罪受け入れる


大韓産婦人科医師会がMnet『SHOW ME THE MONEY4』側とYGエンターテイメント所属グループWINNERメンバーのソン・ミンホの謝罪を受け入れた。

大韓産婦人科医師会は14日、公式報道資料を通じて、「本日午前、Mnet、YGエンターテイメントとソン・ミンホがそれぞれ謝罪公文を送ってきた。Mnet側は責任のある制作陣が訪問して謝罪するという趣旨の電話をしてきた」と明かした。

医師会はつづけて、「真正性ある謝罪と判断、謝罪を受け入れることと決定した」とし、「韓国社会の産婦人科検診に対する偏見を破るきっかけとなった」と付け加えた。

ソン・ミンホは去る10日に放送された『SHOW ME THE MONEY4』3次オーディションにて「MINO 娘さん狙撃産婦人科のように広げろ」という自作ラップ歌詞で物議を起こした。女性嫌悪に近い彼の価値観であり、これをそのまま放送したMnetに対する批判が高まった。

大韓産婦人科医師会はこれに抗議の声明書を発表した。医師会は、「ソン・ミンホのラップ歌詞は韓国の女性に性的侮辱感を与えたことはもちろん、21世紀韓国の未来を担う新しい生命の健康のために、昼夜を問わず診療を行っている医師たちの名誉を深刻に毀損したもの」だと指摘して真正性のある謝罪を要求した。

次は、大韓産婦人科医師会の公式立場全文

大韓産婦人科医師会(会長パク・ノジュン)は7月14日午前、MnetとYGエンターテイメントおよびソン・ミンホ氏からそれぞれ謝罪公文を受信し、謝罪を受け入れることで決定した。これは7月10日Mnet『SHOW ME THE MONEY4』にて放映されたソン・ミンホ氏のラップ歌詞内容に対する大韓産婦人科医師会が7月13日抗議性名所を発表してから一日にしてそれぞれ謝罪公文を送ってきたものだ。

Mnetの公文内容は、CJ E&M公文形式で発送されており、7月13日付け報道資料にて明かされたことと同じ内容であり、韓国の女性と韓国産婦人科医の名誉を毀損したと指摘した部分について、適切な事前審議処理がされていなかったことは制作陣の失敗であることを認め、視聴者に不適切な性的価値観と産婦人科に対する誤解を呼び起こし、不快感を与えた点を心から謝罪し、この放送部分を削除して公式謝罪資料を配布し、再発防止のために事前審議により慎重を期すという内容だった。

YGエンターテイメントとソン・ミンホ氏の共同名義で発送謝罪公文もまた、昨日SNSにて明かされた内容と同じ内容で、サバイバル番組のプレッシャーが加わって刺激的な内容の歌詞を一部使用したことは明らかな間違いであり、これによって不快感を感じたであろう全ての方々に心から申し訳ないと考えており、ソン・ミンホ氏と株式会社YGエンターテイメントが韓国の女性または産婦人科医師たちを侮辱したり卑下する意図があったものではない点を理解して欲しく、今後創作活動にてこのような失敗が再発されないように注意を払うという内容で、YGエンターテイメント代表理事とソン・ミンホの共同捺印した公文で発送された。

この他にも、Mnetからは電話で担当局長から審議者、担当者などこの事態と関連しているすべての制作陣が謝罪のために訪問するという意思を明かした。

YGエンターテイメントもまた公文発送に必要な後続措置について必要な事項を教えて欲しいと電話をしてきた。

これに、大韓産婦人科医師会はMnetとYGエンターテイメントとソン・ミンホ氏がいくつかの経路で謝罪の意思を表した点、謝罪公文の内容に真正性があると判断される点などを考慮し、彼らが再発防止のためにも誠実に努力することを信じ、Mnet並びにYGエンターテイメントとソン・ミンホ氏の謝罪を公式的に受け入れることで決定した。

大韓産婦人科医師会は今回の事態によって侮辱感を感じているであろう韓国の女性たちにも彼らの真正性ある謝罪が伝達されることを願っており、産婦人科訪問に対する望ましくない視線によって生理関連の症状を我慢したり、産婦人科の定期健診などを控えたりせず、女性として自身の健康は自ら守るために努力せねばならないこと呼びかけた。

最後に大韓産婦人科医師会は、韓国の女性たちが自分の健康管理のために産婦人科を訪問することを偏見を持って見つめる行為はこの事態を最後に韓国から完全に無くなることを説に願うと伝えた。
  • スタートゥデイ チョ・ウヨン記者/写真=画面キャプチャ
  • 入力 2015-07-14 14:02:02