ユ・アイン、セクシーすぎるイ・バンウォンの目つき


俳優ユ・アインが新しい太宗(テジョン)李芳遠(イ・バンウォン)を創造する。

来る10月5日に初放送されるSBS創社25周年特別企画ドラマ『六龍が飛ぶ』は、朝鮮の基礎を築いた鐵血君主のイ・バンウォンを中心とした六人の人物の野望と成功ストーリーを扱ったファクション時代劇だ。ユ・アインは劇を導いて行く六竜のうちの一人であるイ・バンウォン役を引き受ける。

31日、『六龍が飛ぶ』の制作陣が公開した写真には、暗い夜に森の中で白い馬の上に乗っているユ・アインの姿が写されている。うっそうとした木々の間から照らす薄暗い光とユ・アインが乗った白馬が合わさって、幻想的でありながら壮大な感じを醸し出す。

何よりも、視線を奪うのは、タフでありながら圧倒的なユ・アインの存在感だ。セリフや動的な動きを確認することができない写真にもかかわらず、ユ・アインの完璧なキャラクター表現力が光を放っている。ユ・アインは力強く剣を握った手、上向きの顔、見る者の感情を読み取るかのような鋭い目つきなどで、後日、朝鮮3代目の王になるイ・バンウォンのカリスマを100%表わした。

『六龍が飛ぶ』関係者は、「ユ・アインの最初の撮影は8月に行われた。ユ・アインの限りないキャラクター研究と努力が光る最初の撮影だった。最初の撮影から、ユ・アインは製作陣とスタッフに信頼を植え付けた。ユ・アインが他の五竜であるキム・ミョンミン、シン・セギョン、ピョン・ヨハン、ユン・ギュンサン、チョン・ホジンとどのような相乗効果を発揮するかが期待されている。10月5日に初放送される『六龍が飛ぶ』に多くの関心を向けてほしい」と述べた。

  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2015-08-31 09:55:53