「月の恋人」→「歩歩驚心:麗」イ・ジュンギとIU(アイユー)出演確定


俳優イ・ジュンギとアイユー(IU)が『歩歩驚心:麗』への出演を確定した。

『歩歩驚心:麗』(脚本チョ・ユンヨン、演出キム・ギュテ)側は4日、「俳優のイ・ジュンギとアイユーがそれぞれ主人公のワンソ役とヘス役にキャスティングされた。ドラマのタイトルは『月の恋人』ではなく『歩歩驚心:麗』に確定した」と明らかにした。

『歩歩驚心:麗』は、韓国で初めて中国の小説を原作に制作されるドラマだ。原作である『歩歩驚心(宮廷女官 若曦)』は中国でもドラマとして作られ、大きな人気を得て、国内外に厚いファン層を構築している。

ドラマのタイトルである『歩歩驚心:麗』は、一歩一歩慎重にという意味の「歩歩驚心」と高麗時代という時代背景の特徴を結合して最終決定された。

劇中イ・ジュンギが引き受けた主人公のワンソ役は「犬狼」の異名を持つ高麗太祖王健の第四皇子で、冷たい仮面の中に自分を閉じ込めたまま生きていたが、ヘスを通じて仮面を脱いで高麗の第4代目皇帝光宗となる人物だ。

アイユーが引き受けた主人公のヘス役は高麗時代へと魂が垂直落下した現代である21世紀の女性で、歴史的な出来事の中心で苦悩しながら、自分の運命を切り開いていく成長型キャラクターだ。

『歩歩驚心:麗』は『大丈夫、愛だ』『その冬、風が吹く』などを介して、スタイリッシュな映像美を誇るキム・ギュテ監督が演出を引き受け、NBCユニバーサルがアジアドラマに初めて投資する作品で、グローバル市場を狙って100%事前制作される。

『歩歩驚心:麗』側は「制作陣と俳優たち全員が熱心に準備しており、いい作品で報いることができように最善を尽くしたい」と明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジョンヨン インターン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-01-04 13:51:00