ソヒョンとカン・ハンナ、「歩歩驚心:麗」出演確定…美貌の王女に変身

「歩歩驚心:麗」 

少女時代のソヒョンと女優のカン・ハンナが新しいドラマ『歩歩驚心:麗』に参加する。

『歩歩驚心:麗』の制作関係者は6日午前、「ソヒョンとカン・ハンナが作品に出演する。カン・ハンナが高麗の王女ファンボ・ヨンファ役にキャスティングされた、ソヒョンは妓生になった後百済最後の王女、ウヒ役で登場する」と明らかにした。

カン・ハンナが演じるファンボ・ヨンファ役は劇中「高麗版アルファガール」として、太祖と皇甫氏皇后との間に生まれた太祖の長女だ。はっきりとしている性格と政治的才能に恵まれ、自分の手で皇帝をつくり、一族を守る「キングメーカー」として生まれ変わる。

ソヒョンが引き受けた「ウヒ」は、後百済最後の王女で、自分の実際の身分を隠したまま天女のような踊りを前面に出して、皇居内にある教坊(高麗時代の妓生学校)で歌舞を専担する人物だ。別の目的を持って妓生となったため、表と裏のある神秘的な姿で劇をさらに豊かにする予定だ。

制作会社側は「カン・ハンナとソヒョンは異なる女性美とカリスマを見せると期待している。色々な要素を含む王女役に完全に溶け込むためにキャラクターとシナリオを分析することに心血を注いでいる」とし「たくさん期待してほしい」と明らかにした。

『歩歩驚心:麗』は、100%の事前制作で、今年の下半期放送予定のファンタジーロマンチック時代劇だ。イ・ジュンギ、アイユー(IU)、カン・ハヌル、ホン・ジョンヒョン、ベクヒョン、ナム・ジュヒョク、ジスなどが出演して、放送枠を論議中だ。
  • MBNスター イ・ダウォン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-01-06 09:37:15