トップ > エンタメ > スターニュース > 「応答せよ1988」ドラマセット撤去…ロッテワールドで企画展進行

「応答せよ1988」ドラマセット撤去…ロッテワールドで企画展進行


  • 「応答せよ1988」ドラマセット撤去…ロッテワールドで企画展進行
ケーブルチャンネルtvNドラマ『応答せよ1988』のセットが取り崩される。

京畿道議政府市に位置する『応答せよ1988』セットが撤去されることで最終決定した。議政府市とCJ E&M両者はセット保存のための方法を模索したが、敷地の胎生的限界と買い取り費用と維持管理費調達などの困難から撤去することとした。

『応答せよ1988』制作会社CJ E&Mは昨年5月に議政府市緑楊洞一帯5300平方メートルに対する使用契約を結んでドラマセットをつくり今年1月まで毎月1000万ウォンの賃貸料を払って土地を使用してきた。

ドラマが大ヒットするとセット保存に対する論議が進行されたが、現実的な難関に直面した。国家体育施設地に建てられた『応答せよ1988』セットを維持するために市の立場からは国有財産法に基づいた土地作用による賃貸料を受け取るほかになく、CJ E&M側は京畿コンテンツ振興院にコンタクトして民間委託運営を模索したが簡単ではなかった。

議政府市関係者は21日、毎日経済スタートゥデイに「市としては観光事業次元において良い機会であるため(土地使用契約)延長も可能という立場であったが、費用面で条件が合わなかった。セット管理のための人件費なども並々ならず、このように決定した」と明かした。

CJ E&M側も『応答せよ1988』セット撤去に対する寂しさを伝えた。CJ E&Mは「『応答せよ1988』セットは建てる当時に議政府市と緊密な協力を通じて完成し、お陰で放送計画に支障がなかった。(しかし)『応答せよ1988』セットが議政府総合体育館などが位置する場所に作られ、これを保存して自治体の観光名所や別の報道のドラマセットとして活用するには限界があった」と説明した。

続けて「京畿コンテンツ振興院と議政府市、CJ E&Mなどが該当セットの保存、活用のために民間委託運営など多様な法案を講じたが、最終的に土地の基本的な事業計画など基本的な解決が不可能であり暫定的に撤去の結論を下した」と明かした。

続けて「惜しみない愛を受けた『応答せよ1988』セットが撤去されるほかにない状況は残念に思い、ドラマセットを建てる前には企画段階から観光名所と自治体収益事業により活用できるようにもう少し細かく準備する」と付け加えた。

セットは消えてしまうが、ドラマの中の思い出の小物に出会う機会はまだ残っている。CJ E&Mは来る25日から3月31日までソウル蚕室ロッテワールドにて「応答せよ1988写真&体験展」を進行、思い出と郷愁を残す計画だ。
  • スタートゥデイパク・セヨン記者
  • 入力 2016-01-21 10:44:45