「ビッグママ」イ・ジヨン、3年ぶり自作の新曲「ミラクル」を発表


グループ「ビッグママ」出身歌手のイ・ジヨンが約3年ぶりの新曲「ミラクル」を28日正午に公開する。

「ミラクル」は去って行った人に対する懐かしさを表現した曲だ。派手でない編曲と穏やかに流れるギターの旋律に重低音はもちろん、歌声まで安定的に行き来するイ・ジヨンの魅力的な音色がよく調和されている。

イ・ジヨンは、ビッグママ解散後、ソロアルバム「サムシングニュー(Something New)」を発表し、シンガーソングライターとしての地位を固めた。今回の「ミラクル」もやはり、彼女が直接作詞・作曲した。

所属事務所Music&Newは、「イ・ジヨンが久しぶりにOST(MBC「謳歌のソ」・KBS「太陽がいっぱい」)ではない、本人の新曲で挨拶をすることになった。

多くの音楽ファン達の関心と声援をお願いしたい」と願った。
  • スタートゥディ_チョ・ウヨン記者
  • 入力 2014-04-28 10:43:19