ユン・ジンソ「テバク」に出演…「匂いを見る少女」から10カ月ぶり


女優のユン・ジンソがSBSの新しい月火ドラマ『テバク』でカムバックする。

ユン・ジンソの所属事務所FNCエンターテイメントの関係者は3日午前、「ユン・ジンソが『テバク』でテレビドラマに復帰する。淑嬪(スクビン)崔(チェ)氏役を引き受けた」と明らかにした。

ユン・ジンソが演技する淑嬪崔氏は、貧困に苦しみ涙を飲み込ん背を向けなくてはならなかった、背信の女性だ。

夫が賭博師であるせいで両班家に生まれたにもかかわらず苦しい人生を送るが、粛宗(チェ・ミンス)の心をつかみドラマにエキサイティングな緊張感を吹き込む人物だ。

ユン・ジンソはSBS『においを見る少女』以来10カ月ぶりの復帰となる。

一方、『テバク』は粛宗の後宮・淑媛(スクウォン)から6ヶ月で生まれた王子が捨てられたことから物語が始まる。捨てられた王子デギルはイカサマ師として育ち、その後英祖と命を懸けた大勝負を巻き起こす。

来月に放送される。
  • MBNスター イ・ダウォン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-02-03 09:43:53