イ・ジュンギ-IU等スタッフと俳優参加し撮影の無事を祈願

「歩歩驚心:麗」 

『歩歩驚心:麗』が安全な撮影を願い告祀(コサ)を行った。

100%事前制作で今年下半期放送予定のファンタジーロマンチック史劇『歩歩驚心:麗』側は11日に告祀現場風景を公開した。

先月27日に進行された今回の告祀にはキム・ギュテ監督とチョ・ユンヨン作家をはじめとして全スタッフ、イ・ジュンギとIUなどすべての俳優が集まる中で行われた。俳優とスタッフの健康と安寧を願う祝詞朗誦後、キム・ギュテ監督をはじめとして撮影チーム、照明チーム、美術チーム、演出チームなどが告祀を終えた後、俳優の告祀が続いた。

『歩歩驚心:麗』にて高麗太祖ワン・ゴンの4番目の皇子ワン・ソ役を演じるイ・ジュンギは「本当に多くの方々が共にするが、健康に怪我をせず最後まで完走できればと願う。中間の年齢で入っただけに、先輩後輩の融合を手助けできるように最善を尽くす」と願いを伝えた。魂が高麗時代にタイムスリップした21世紀現代の勝気な女性ヘス役のIUは「頑張って、しっかりやる」と覚悟と決意を表した。

今回のドラマの演出を担うキム・ギュテ監督は「『歩歩驚心:麗』という作品が皆さんにとって助けとなり代表する作品になってくれればと願う」と話し、その後全員がともに「ヒット」と「ファイト」を叫んで告祀を終えた。

公開された告祀現場写真の中には豚の頭に刺さった韓国紙幣とともに円、ドル、ポンドまであり視線を集める。この日の告祀現場にNBCユニバーサル関係者が共にしたことで誕生した異色的な風景で、国籍を問わず集まった関係者たちは全員が同じひとつの気持ちで『歩歩驚心:麗』のヒットと安寧を祈願したと伝えられた。

『歩歩驚心:麗』制作社側は「演技者たちとスタッフが撮影当初から積み上げたチームワークを見せて良いドラマを作るために意を集めている」とし「よりしっかりとしたドラマを作るために努力する」と伝えた。

ファンタジーロマンチック史劇『歩歩驚心:麗』はイ・ジュンギ、IU、カン・ハヌル、キム・サンホ、ホン・ジョンヒョン、ユン・ソヌ、ベクヒョン(EXO)、ナム・ジュヒョク、ジス、カン・ハンナ、ソヒョン(少女時代)など豪華ラインナップで大きな話題を呼び起こしている。100%事前制作で今年下半期の放送編成を論議中だ。
  • スタートゥデイ イ・ジョンヨン記者 /写真提供=「歩歩驚心:麗」
  • 入力 2016-02-11 08:44:51