トップ > エンタメ > スターニュース > パク・ボゴム、家庭の事情により破産宣告受けていた

パク・ボゴム、家庭の事情により破産宣告受けていた


  • パク・ボゴム、家庭の事情により破産宣告受けていた
俳優パク・ボゴムが昨年破産手続きを終えた事実が遅れて伝えられた。

2日、あるメディアによるとパク・ボゴムは去る2014年末に個人債務を返済できず、ソウル中央地法に破産・免責を申請、法院はこの申請を受け入れて破産を宣告した。その後債務返済および免責計画と関連した裁判部の仲裁を経て、6ヵ月後に債権者の同意を受けて破産状態を終えた。

パク・ボゴムの債務は自身と関連したことではなく、家庭の事情によるものと伝えられた。彼が未成年者の頃に生じた連帯保証関連事項で大きな借金を抱えてたというのが業界の説明だ。

パク・ボゴムは2011年に映画『ブラインド』でデビュー、昨年tvNドラマ『応答せよ1988』にて天才囲碁棋士チェ・テク役を演じて好評を得た。
  • スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者 / 写真=スタートゥデイDB
  • 入力 2016-03-02 09:08:59