ドラマ「テバク」チェ・ミンスが演じる粛宗に関心集中


俳優チェ・ミンスが『テバク』を通じて粛宗に変身する。

来る28日初放送されるSBS新月火ドラマ『テバク』は粛宗役を演じるチェ・ミンスの撮影現場スチールカットを公開した。

公開された写真の中のチェ・ミンスは馬に乗ってどこかを見つめている。カリスマのある眼差しと片方だけ上げた口元が強烈な印象を与える。

粛宗はこれまで朝鮮を背景とした多くの史劇にて頻繁に登場してきた。禧嬪張氏に魅了され本妻である仁顕王后を捨てた王というイメージが強い。そんな中でチェ・ミンスが粛宗にキャスティングされ期待感を高めている。これまで線の太い演技を見せてきたチェ・ミンスが粛宗をどのように表現するのか関心が集まっている。

『テバク』制作陣は「チェ・ミンスは最初の撮影からスタッフすべてを感嘆させた。チェ・ミンスだけが作り出すことができる粛宗の物語が描かれる」と予告した。

一方『テバク』は王の忘れられた息子デギル(チャン・グンソク扮)と彼の弟英祖(ヨ・ジング扮)が命と王座そして愛を賭けて繰り広げる一勝負を描くドラマだ。
  • MBNスターオンラインイシューチーム | (C) mk.co.kr
  • 入力 2016-03-04 11:41:02